ベトナム海外短期研修

今回で4回目になるベトナム海外短期研修ですが、今年は2月27日に中部国際空港を出発して3月3日に帰国する日程で実施されます。

ベトナムはソ連崩壊後、数少ない社会主義国として残っています。ホーチミン市街を歩いていてもあまり違和感はないのですが、「国家転覆罪」のある国ですから公の場で政府を批判することは許されません。また、警察の力が強く賄賂を要求されることも昨年の海外研修で実際に経験することがありました。

交通量の多い交差点を我々が乗ったバスが右折した時です。警官がホイッスルを吹いてバスを停車させたのです。どう考えても違反はしていません。バスの運転手が降りていって警官にお金を渡すのが見えました。もし、お金を渡すことを拒否するとどうなるとたずねると、バスをここに置いて歩いてホテルに帰らなければいけないと運転手は答えました。

日本であれば不当逮捕として訴え裁判ということになりますが、この国では警察とトラブルを起こすといかに外国人でも懲役何年という重い罪が容赦なく課せられることがあるので絶対に反抗せずにおとなしく従った方がよいそうです。

バスに同乗していたベトナム人がポツンと、「我々は何でアメリカに勝ってしまったんだろう」と漏らした言葉がこの国の現実を物語っていると思いました。

ドイモイ政策という市場開放政策によって急成長しているベトナムですが、発展途上国特有の明暗が存在する現実を見ることも学生たちにはとても有益なことです。今年参加する15名もいろいろな体験をして、大きな収穫を持って帰えってくることでしょう。 (田村)

関連記事

  1. 3年生が地元マンゴーを使ったスイーツ、パンを開発

  2. インターンシップ募集中

  3. 夏休み

  4. コロナウイルスによる卒業式式典の中止について

  5. 教育懇談会

  6. 経営学部学生が企画開発したスイーツをいちいお菓子フェアで販売

  7. 前学期も折り返し

  8. 2年生が岐阜青年会議所主催のイベントの企画・運営に参画

  9. 就職のための家族懇談会

最近の記事