ベトナム海外短期研修2019

朝日大学では、毎年、このシーズンにベトナム海外短期研修を実施されています、今年は2月26日~3月2日までの期間行われ、参加者全員元気に帰国しました。

この海外短期研修は、朝日大学の建学の精神である「国際未来社会を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の人間的知性に富む人間を育成することにある。」を具現化することを目的に実施しています。近年著しい発展をとげるアジア圏の中でも特に成長著しいベトナム・ホーチミン市を訪れ、その躍動に触れることで、若く活気あふれる新興国の新たなエネルギーを学生諸君に吸収してもらうことを主なねらいとして実施しており、日本企業の海外進出の目的や具体的な仕事内容などを学んできました。

岐阜に本社のある濃飛倉庫運輸株式会社のベトナム子会社である、濃飛(ベトナム)ロジスティクス、自動車用計器部品製造のADMS社、ソフト開発のAIT社、ベトナム最大の書店チェーンFAHASA書店、ベトナム三菱商事、そして、大垣共立銀行ホーチミン駐在員事務所の6企業を訪問し、各社の苦労や成長など、日本とは異なる現地の状況など、各社各様の興味深いお話をお聴きすることができました。 (田村)

 

 

 

関連記事

  1. 就活ファイト

  2. 新ラーニング・コモンズ

  3. 前学期も折り返し

  4. 3月だから忙しい

  5. 絶景の大人気観光地の作り方

  6. 第3回ベトナム海外短期研修

  7. 「Woman Action2018」スタート

  8. FD研修会が開催されました

  9. 授業開始

最近の記事