モレラ岐阜で女子学生プロデュースのスイーツを販売

9月23日(土・祝)、経営学部で商品開発を学ぶ1年生の女子学生ら13名が、モレラ岐阜(本巣市)において行なわれた岐阜新聞社主催のイベントで自らが開発に携わったスイーツを一日販売しました。今回販売したのは、美濃揖斐茶を使った逸品で、和の揖斐茶餡と洋のマドレーヌ生地をミックスしたタルト、そして、濃姫イチゴのパウダーを使った逸品で、和のイチゴ餡と洋のマドレーヌ生地をミックスしたタルトの2品。地元の菓子店「吉野屋」様の協力を得て開発、2ヶ月をかけて完成させました。

このイベントへの出展は、岐阜新聞社が企画するWoman Actionの一環として行われました。学生たちは、買い物客に元気よく声を掛けて商品を説明し、試食を勧めていました。販売体験に加え、店舗を運営するためのチームワークや業務管理など多くを学んだ一日となりました。 (中畑)

 

関連記事

  1. 1年生と4年生

  2. 沖縄でインターンシップ成果報告会

  3. 岐阜の見どころカレンダー

  4. 短期海外研修報告会

  5. 3年生が地元マンゴーを使ったスイーツ、パンを開発

  6. 新年明けましておめでとうございます。

  7. レイクハマナコテージ

  8. 後期の講義も残りわずか

  9. 教育懇談会開催

最近の記事