成績上位者への優遇制度

 夏休みが終わり後学期の授業が始まりましたが、成績上位者(GPA3.6以上)の学生に対する優遇措置が、本学期よりスタートしました。優遇措置の内容は、一般の学生が履修登録できる授業の単位数の上限である22単位が、4単位引き上げられて26単位まで登録することが認められるというものです。

 早い学年で多くの授業を学修する機会を得られるチャンスで、少しでも多くの学生がこの優遇制度を利用してくれて、大学全体の学修意欲が高まることを期待しています。 (横井)

関連記事

  1. 就職試験対策講座

  2. 朝日祭を終えて

  3. 自治会避難訓練と防災活動

  4. 講演と懇親の会

  5. 就職活動スタート!

  6. 定期試験・集中講義の終了と成績発表

  7. 就職活動の状況報告・相談

  8. 大垣桜高等学校 オープンスクール開催

  9. 2017年度もWoman Actionにチャレンジ

最近の記事