No.680  手作り志向に関するデータ⑦

実践者が増加傾向にある「手作り志向」に関するデータをご紹介している。

最終回の今回は、手作り品に関する様々なデータをご紹介する。

〈平均コスト〉・・・「自宅の改造、リフォーム」を除き、どれも3000円以内に収まっている。過度にコストをかけず、気軽に取り組める範囲で実践されている。

〈情報源〉・・・いずれも「書籍や雑誌」が上位。「アクセサリー」「衣類」など身近なモノについては周囲からの「アドバイス」を参考にするケースが少なくない。「ネット上の作り方を教えるサイト」は主な情報源として想定されたが(※前々回の⑤をご参照)、実際の利用率は2割台と低く、利用できそうなイメージが先行している。「自宅の改造、リフォーム」は情報源の種類が少なく、結果的に自己流で作業をする人が多くなる。

〈原材料購入先〉・・・全般的に「専門店」「雑貨量販店」の利用率が高い。100円ショップは「アクセサリー」「衣類」「ケータイデコレーション」などで利用されている。(常川)

 

150413

関連記事

  1. No.695 節約意識に関するマーケティングデータ⑧

  2. No.729 店舗のリピート利用

  3. No.760 Jリーグの冒険

  4. No.769 中古品・リサイクル品に関するマーケティングデータ③

  5. No.797 フェイクニュースの時代

  6. No.709 出口の言葉

  7. No.811 早朝、深夜の買い物と消費行動に関するマーケティングデータ①

  8. No.767 前回までの3回分のまとめ

  9. No.746 歴史から学べること

最近の記事