新学期が始まります

 学生諸君、夏休みは夏風邪などひかず(涙)、充実した生活を送れたでしょうか?

 インターンシップから帰ってきた3年生の何人かと話をしましたが、みな充実した体験をしたようで、一回り大きく頼もしくなって帰ってきました。2年生以下の学年の人たちも、シューカツのためだけではなく、自分を磨いて進路を定めるために、ぜひ来年(や冬休み)に参加するようにしましょう。

 

 さて、経営学部の後学期授業開始は21日(木)からです。

 いきなり専門演習や必修から始まる人もいるかと思います。忘れないようにギアを切り替えて、大学生活に戻ってください。

 履修修正がある人は、期間に気をつけてUNIPA上での操作を行ってください。

 

 ところで、以下プチコラム。

 9月上旬に東京に出張したついでに、東銀座から銀座を通って東京駅まで歩いて、各地域のアンテナショップを見て回りました。入ったのは道筋順に、岩手県、群馬県、茨城県、沖縄県、高知県、福島県、そして北海道。

 沖縄県と北海道は物量主義で、バラエティに富んだ様々な産品が置かれています。個人的には古酒コーレーグースと、S社のジンギスカンのたれが入手できたのがヒット。

 大健闘しているのは岩手県で、いつ行っても岩手の魅力を伝えようと、楽しさを演出する販売が行われています。今回買わなかったけど『はっとう』も売ってます。岩手の特長は、地元を伝える書籍販売が多いところで、いつも思うのですが自分たちの仕事を文字に残そうとする県民性を感じます。残念ながら、お目当てだった紫波町のラ・フランス入りソースが売ってなかったのですが…。

 その他のアンテナショップには初めて入りました。高知県はビルを3階層使っており、地下は酒蔵と書籍・地域誌、観光案内など。2階は(入りませんでしたが)ご当地グルメのレストランになっているようです。

 茨城県もレストラン併設でしたが、肉を焼く煙に弱い私は早々に退散してしまいました。

 高知・茨城のショップと、群馬・福島は、申し訳ないけど「お土産物屋さん」という感じ。ただ、他道県についても本質は「お土産物屋さん」であることは間違いありません。ご当地の腐りにくい食べ物(チョコ菓子とか煎餅とか、乾物、レトルト、飲料など)が多く、銘酒があって野菜の直売があって、民芸品があり、ゆるキャラがいて観光パンフレットと地域情報誌がありという、当たり前のところから外れるショップはありませんでした。

 

 でも岐阜県は、その当たり前のアンテナショップでさえも持っていません。

 

 「THE COVER NIPPON」「日本百貨店しょくひんかん」といったところに県産品が出品されているという情報はあるのですが、他の道府県の出品と混ざっているようです。

 以前あったアンテナショップは不振で、ほぼ10年前に閉店されているとのことです。

 各道府県が、多くは「お土産物屋さん」レベルであるとはいえ、頑張って首都圏で自地域をアピールしようとしているところに、この状況は『惨状』であると言ってもいいと思います。

 

 だって、他の道府県に勝てるんだもの。

 

 川島のハイウェイオアシスには「岐阜おみやげ川島店」という施設があり、ここに行けば主要な岐阜県産品は全て揃います。というか、今まで知らなかった県産品を多く知ることができて、勉強になるほどです。

 これがそのまま銀座なり八重洲なりに出店すれば…沖縄・北海道には人気・知名度の面で少し届かないかもしれませんが、岩手とは互角以上の戦いができるはずです。それだけの内容の充実度を持っています。そして、東京都民あるいは通りかかった他の道府県の人たちに、「岐阜ってこんなに豊かなところだったのか!」と、知らしめることができるように思えるのです。

 失敗経験への恐怖や、予算の都合などがあるのかもしれません。ただ、観光立県を掲げる現状で、(インバウンドも含めた)様々な人が集まる東京に、アンテナショップが存在しないのは悔しい限りです。

 岐阜の豊かさ、多様性、独自性に誇りを持って、ガンガン攻めに出る姿勢が重要なのではないかと思った、東銀座から東京駅までの道のりでした。 (畦地)

関連記事

  1. 長良川の水難事故

  2. 岐阜の見どころカレンダー

  3. 5月病はなし

  4. 都ホテルで就職セミナー

  5. 大学祭実行委員会始動!参加者募集!

  6. 連休中

  7. 「建学の精神と社会生活」でフィールドワーク

  8. 来年に向けてスタート

  9. ベトナム海外短期研修 事前研修

最近の記事