朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/04/12)

 

コラムに関するご意見はこちらへ→
4月12日号(第106号)  



 身近なビジネス 

「組織で活躍しよう」
 
 朝日大学も4月6日に入学式が終わり、12日からいよいよ授業が開始されます。多くの新入生は、これからの大学生活に期待と不安の混じった気持ちでいることと思います。  学生生活では授業とならんでクラブ・サークルやアルバイトも重要です。特にクラブ・サークルで自分の好きなことを楽しむことによって、学生生活が充実したものにできると思います。  
 私が学生の頃はほとんどの学生が何らかのクラブやサークルに入ったものですが、現在はアルバイトが忙しいとか、資格の勉強で忙しいとか、デートで忙しいとかでクラブやサークルに入る学生が減っているようです。残念ながら、クラブやサークルに入ると拘束されて損だ、と考える学生が増えているように思います。
 しかし、クラブやサークルで損な役割だと思ってしたことは、就職して組織で仕事をするときに大変役に立ちます。組織では分業と協働によって個人でできないことが達成できます。ただし、組織がいい成果を上げるためには、個人が自分の与えられた役割をきちんと果たす必要があります。特に損な役割を与えられたときにそれをどうこなすかが、仕事のできる、できないにつながります。ぜひ、多くの学生がクラブやサークルに入って組織のすばらしさと難しさを学んでいってほしいと思います。   (村橋)

 パソコンで遊ぼう 
「ウィルスに注意!」
 このところ、連日ウィルスメールを受け取っています。多い日には10通近くのウィルスメールが届くこともあります。そのほとんどはWORM_NETSKY.PあるいはWORM_NETSKY.Qとなっています。これらのウィルスに感染するとコンピュータ内にある他人のメールアドレスの情報を利用して勝手にウィルスメールの送信を始め、自分自身の繁殖をはかります。やっかいなことに送信者の名前もコンピュータ内のメールアドレス情報を利用する”なりすまし”を行っているため送信者を特定することができません。どこからか送信されたウィルスメールの送信者欄に私のアドレスが記載されている可能性もあります。  
 さらに、XPより前のWINDOWSを使っている場合には、メールを開いた(表示あるいはプレビューした)だけで、自動的にウィルスを含んだ「添付ファイル」を開くダイレクトアクションを行うため、今までのように、「添付ファイルを開かなければ大丈夫」と言うこともできなくなりました。  
 これら新種のウィルスから自分自身を守るためには、「ウィルス対策ソフトのアップデートを頻繁に行う」、そして「不審なメールは開かない」ということを徹底していくしかありません。たとえ送信者がよく知った相手であっても、メールのタイトルが不自然な場合(多くは英文のタイトルになっています。)はメールを開かないほうが賢明です。  
 加えて新種のウィルスについての情報を入手しておくことも大切でしょう。ウィルス情報は、ウィルス対策ソフトメーカーのホームページで入手できます。例えば、以下のアドレスに一度アクセスしてみてください。http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/  (妹尾)
 今週の話題 
「FPから見た中国株」
 
 中国企業の株式に投資する投資信託の販売が急増しています。純資産残高は3月末時点で6,000億円を超え、昨年末と比べ、わずか3ケ月間でほぼ倍増しました。中国市場の個別株は大別すると、中国人だけが購入できる深セン市場や上海市場のA株と、外国人である日本人も購入することができるH株に代表される香港市場の全株、深セン市場や上海市場のB株とに分けられます。ただし、個別株は入手できる情報が限られているため、リスクが大きくなり、複数の銘柄に分散投資できる投資信託が個人マネーの受け皿になっている形です。
 この急増の背景としては、中国の経済成長への期待感を背景に、夢を買う形で、高いリターンを狙ったお金が流入していることが指摘できます。日本の高度成長期を凌駕する勢いの中国経済を眼の当りにして、日本では既に夢となった第二のソニー、ホンダを探そうとすることはわかる気持ちがいたします。また、中国経済の発展による中国元の将来の切り上げを見込む動きもあるようです。
 では、FP(ファイナンシャル・プランナー)の立場から、この中国株投資をどう見るべきでしょうか。これは、あくまで私が自分で投資をすればと考えてみた場合で、投資の判断は正に自己責任でお願いしたいのですが、中国株をもし個人のポートフォリオに入れるとすれば、生活資金等必要資金を除いた純粋に投資に振り替えられる余裕資金のうち、リスク等を勘案すると、ほんの少し(最大10%程度か)はこの中国株に振り替えられるのではと考えます。
 投資・運用を考える時、いつも長期・分散投資を心がけるのがもっとも重要です。
(階戸)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/03/12)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/11/2

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/12/17)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/04/26)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-02/06/03)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/10/27)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/10/24)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/04/02)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/09/03)

最近の記事