朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/05/23)

 

コラムに関するご意見はこちらへ→
5月23日号(第164号)  



 身近なビジネス 

「長者番付」
 
 国税庁から2004年度の高額納税者が公示(通称「長者番付」)されました。これで大変驚かされたのは、サラリーマンが初めて第1位になったことです。投資顧問会社の運用部長ということですが、「運用利益の○○パーセントを給与として支給する」といったような契約になっているのでしょう。それにしても納税額から逆算した所得が、100億円というのは大変な数字です。何千億という運用利益を上げたのでしょうか。企業は、勝ち組、負け組みに言い表せられるように2極分化していますが、社員レベルでも2極分化が始まっていることが分かります。 そのほかの上位者を見ると消費者金融会社、健康関連会社、美容関連会社、パチンコなどレジャー関連企業のオーナーが名を連ねています。高額納税者の顔ぶれを見ますと、その時代その時代の世相が浮き彫りになってきます。かつて土地成金、そしてIT関連企業の株式公開長者が高額納税者の上位を占めた時代がありました。そして昨年度は、美容、健康、レジャー、金融と投資運用ということになるでしょう。はたして来年はどんな顔ぶれになるのでしょうか。
 元々は、高額納税者公示制度は、高額所得者の納税がきちんと行われているか広く多くの目でチェックする目的でしたが、最近個人情報保護の観点から制度の見直しが求められています。
  しかし、世相の移ろいを映す鑑として存続してもらいたい気がします。    (田ノ上)

 パソコンで遊ぼう 
「ウィルスにご注意」
 
 5月15日、有名な価格比較サイトである価格.comのホームページが改ざんされて、このホームページにアクセスしたユーザのコンピュータにウィルスを送り込む恐れがあるということが判明、このホームページが一時的に閉鎖されるという事件が発生しました。ウィルスに感染したコンピュータがLeneageⅡというオンラインゲームにアクセスするとそのコンピュータのキー入力、マウス操作等の情報が盗み出されてウィルスの作者に送られるという問題が発生するとのこと。これまでは電子メールの添付ファイルに隠れてコンピュータに侵入、まるで花粉症の原因となる花粉を撒き散らす杉の木のように勝手に他人にウィルス付メールを送りつけて同病者を増やす努力を続けるタイプがほとんどでしたが、今回はさらに厄介なタイプと言って良いのではないでしょうか。もしインターネット通販に利用するクレジットカードに関する情報をキー入力データとして盗み出されたら・・と考えると少々心配になってしまいます。 <BR>
 学生の皆さんがこのようなウィルスの被害者にならないためには不審なメール(特に件名が英文で表記された)の添付ファイルを開かない等の注意が必要であることはこれまでにも何度もお話してきましたが、さらに大切なことは皆さんのコンピュータにインストールされている「ウィルス対策ソフト」を有効に利用してもらうことです。
<BR>
 次々と現れてくる新種のウィルスに対して、ウィルス対策ソフトメーカでは日々ウィルスデータ(ウィルスパターンファイル)のバージョンアップを行っていますが、皆さんがコンピュータ内のパターンファイルの更新作業を行なってくれなければ意味がありません。少なくとも1週間に1度はパターンファイルの更新版をダウンロードすることを改めてお願いしておきます。    (妹尾)

 今週の話題 
「スピーキングフェスティバル2005」
 
 5月14日、オーストラリアにて、明海大学/朝日大学/セントラルクイーズランド大学共催の日本語スピーキングフェスティバルが開催され、審査員の一人として参加してきましたので、その内容をご紹介したいと思います。  
 本大会は日本語スピーチコンテストとして6回目を迎える大会です。従来はセントラルクイーズランド大学のメインキャンパスがあるロックハンプトン、もしくはブリスベンで開かれていましたが、今回初めてオーストラリアの北の玄関口にあたる(日本から一番早く到着できる)ケアンズで、開催されました。  
 オーストラリアのクイーズランド州にある高校に在籍する日本語を勉強する高校生が対象でテープ審査の後、最終審査に残った15人で争われました。内訳は日本の高校生にあたる10年生(7人)、11年生(4人)、12年生(4人)で、日本語スピーチのレベルが思いのほか高いのは正直嬉しい驚きでした。自分の外国語習得時の体験を思い出すと、彼の地の高校生が日本語をこんなにしっかりと勉強してくれているのか、と感慨深げになりました。
 明海大学日本語学科の山下先生を委員長に、クイーズランド州教育省ランゲージアドバイザーの北井先生、セントラルクイーズランド大学の横井先生、勝村先生、私の5人の審査員の厳正公平な審査の結果、次の4人の入賞者が選ばれました。Kathay Young(Brisbane高校12年生)、See Xiong(Trinity Bay高校12年生)、Kristine Miller(Somerville House高校11年生)、Samantha Elston(St Monica’s高校10年生)
 この4人は11月日本に招待者として訪れることになっており、朝日大学でまた再会できるのを、今から心待ちにしています。   (階戸)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/6/29)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/2/7)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/12/13)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/04/14)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/04/09)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-02/05/13)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/06/09)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/09/22)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/12/12)

最近の記事