朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/11/28)

 

コラムに関するご意見はこちらへ→
11月28日号(第191号)


 身近なビジネス 
「筋力トレーニング」
 私の担当している1年生のゼミは、体育会に所属するスポーツ学生で構成されています。
 11月下旬ともなると一部のスポーツを除いてシーズンオフになりますが、来シーズンに備えて基礎体力を増強しておく必要があります。ランニングや筋力トレーニングの出番です。 
 筋力トレーニングの三大種目は、ベンチプレス、スクワット、デットリフトですが、効果を挙げるためには正しい方法で行わなくてはなりません。筋肉が大きくなるメカニズムは、次のとおりです。筋肉に負荷をかける、つまり重いウエイトを反復して持ち上げることで筋繊維がミクロレベルで壊されます。壊された筋繊維は、たんぱく質を使って修復されますが、このときに筋繊維は以前より少し太くなります。これを繰り返すことで、筋肉が強く大きく強くなっていくわけです。
 つまり筋力トレーニングは、しつかり筋肉を破壊する必要があります。ウエイトを反復して持ち上げますが、もうこれ以上持ち上がらないという段階では実はまだ力は80パーセントくらいしか使われていませんし、筋繊維もまだ十分に破壊されていません。「もう持ち上げられない!」という状態からもうひと踏ん張りするところが効果的なトレーニングにつながるのです。
 これって何かに似ていませんか。そう資格取得のための勉強や、営業などの仕事に通ずるところがあります。「もうこれぐらいで良いや」という段階では、まだまだ努力の80パーセントくらいのところなのです。これでは成果も「人並み」で終わってしまいます。歯を食いしばってもうひと頑張りすると成果は飛躍的に伸びます。私自身資格取得のための勉強や営業の仕事をしている時につくづく感じました。    (田ノ上)

 パソコンで遊ぼう 
「意識することの大切さ」
 今月初めには東京証券取引所のシステムダウンが問題になりました。原因としてシステム変更を行った後、運用に必要な情報がシステム開発を担当した会社から東京証券取引所に連絡されていなかったことが挙げられています。担当者に悪意があったわけではありませんが、人のちょっとした不注意が大きな問題に繋がった例であろうと思います。  一方、最近発生したマンションの耐震構造設計データの偽造事件では意図的にコンピュータ計算時の基本データを改変していたと報じられています。いかにコンピュータが正確に計算するといっても、その計算の元になる基本データを変えてしまっては正しい答えを出すことはできません。良識の欠如が引き起こした問題であるといえるでしょう。  
 これらの事件は、コンピュータとインターネットを基盤としたこれからの情報化社会においては、コンピュータを扱う際の「人の意識」が益々重要になってくることを教えてくれているように思います。学生の皆さんも、相変わらず新種発見の情報が流れてくるコンピュータウィルス問題、クレジットカード・キャッシュカードのスキミング問題等、人の悪意に起因する問題に対しては自分自身を守るための方策をとるとともに、「無意識」という不注意から自分自身が加害者にならないよう、問題意識と良識を持ってコンピュータを利用してもらうようお願いします。    (妹尾)

 今週の話題 

「資産運用法紹介」
 
 今週は、現在、資産運用に関して話題になっている本の紹介をしたいと思います。本の題名は「藤巻流「私の個人資産」運用法」で、外資系銀行で「伝説のトレーダー」として辣腕のふるった藤巻健史氏が著者であります。  
 藤巻健史氏は、東京12チャネルのモーニング・サテライトにレギュラー出演されており、私も個人的に、氏のいつもわかりやすい解説と、どちらかと言えば私の相場観に近い考え方を日頃から大いに参考にさせていただいております。  
 氏は、この本で、かなり赤裸々に、自分自身の個人資産ポートフォリオを開陳されています。その根本にあるのはこれからの日本経済の大きなうねりは、インフレ出現ということです。氏は、この考え方の下で、1.長期の固定金利のお金を銀行から借りられるだけ借りる、2.自宅を含めて、不動産に投資する、3.株を買う(米国株が中心)、4.流動性はなるべくドル建てMMF等のドルにする、5.円預金は皆無に等しい、とかなり思い切った資産運用を実践されているようです。  
 FPの立場から言うと、あまりにも偏った個人資産ポートフォリオと言わざるを得ないですが、個人的には「なるほど、なるほど」と思えるところが多々あります。興味を持たれた方は、本屋で一度手にとって見られるのも、良いのではと思います。  ただし、藤巻氏の本の冒頭にも書いておられますが、藤巻氏の真似をして、損をすることがあっても藤巻氏もこの本を紹介した私も責任をとらないことです。うまく行った時は2人のお陰だと思ってください。資産運用は、あくまでも「自己責任」でお願いします。     (階戸)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/11/12)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/8/26)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/04/05)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/02/25)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/03/24)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/05/03)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/11/19)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/8/24)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/07/14)

最近の記事