朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/11/06)

 

コラムに関するご意見はこちらへ→
11月6日号(第240号)


 身近なビジネス 
「本当の景気回復」
 先ほど経済財政省は、わが国の景気拡大期は長期間続いており、戦後最も長かった「いざなぎ景気」にならんだと発表しました。
 しかし私にはどうも景気が回復しているという実感がありません。一体サラリーマン世帯の収入は増えているのでしょうか?実際のところ労働分配率(企業の付加価値に占める人件費の割合)は低下し続けており、ピークから10ポイント下がっています。これは増加した会社の収益が内部留保あるいは株主への配当に廻り、景気拡大の中でその恩恵を従業員が受けていないこと表わしています。さらに従業員と役員との給与格差も広がってきています。今回の景気回復の恩恵は、一部の富裕層に偏って与えられていると言えます。高級自動車が売れ、宝飾品が売れ、億ションが売れているという話は私にはどうもピンときませんし、そういったことが必ずしも本格的な景気回復につながるとは思えません。
 本格的な景気回復は、一般大衆の収入が増え、堅実な需要が拡大しなくては実現しません。そのためには一時的に企業収益を圧迫するようなことになっても労働分配率を上げる必要があります。
 個々の企業にとっては人件費を圧縮して収益を上げるという合理的な行動を取ることが、本格的な景気回復を実現するという全体の目標にとってはマイナスの影響を及ぼすことになる、いわゆる「合成の誤謬」になっているのではないでしょうか。   (田ノ上)

 パソコンで遊ぼう 
「Zuneスタート」

 マイクロソフトの携帯音楽プレーヤ「Zune」が11月14日米国で発売されます。この発売と共に、MSN Musicでの音楽配信サービスは中止され、Zune.netに移行されることも発表されました。これによって、Apple社のiPodとiTunes Music Store(iTMS)に対する、マイクロソフト社のZuneとZune Marketplaceという仕組みができあがり、いよいよ本格的な戦いが始まることになります。  
 携帯音楽プレーヤとしてのZuneのスペックが明らかになってきています。ハードディスクは30GB、3インチのカラー液晶ディスプレイとFMラジオが内蔵され、音楽・映像・写真の再生、保管が可能です。音楽は、MP3、AAC、WMA、ビデオ映像はWMV(Windows Media Video)形式のファイルが再生可能となっています。ただし、パソコンを使うことでiPodで使われているものを含むほぼ全ての音楽、映像ファイルの再生が可能となります。
  iPodには無く、Zuneの特長といえる機能は無線LAN機能です。Zune同士をワイヤレスで接続し、音楽や写真のファイルを交換できるというものです。ただし、著作権管理された音楽ファイルは、3日間、3回までしか再生はできず、気に入った場合は、オンラインで購入してくださいという仕組みとなっているようです。
 英語版のZune.netはすでに公開されていて、Zuneの写真などを見ることができます。Zuneは、東芝がマイクロソフトにOEM供給しているものなので、日本国内での発売とサービス開始は現時点でアナウンスされていませんが、多くの時間差は無くスタートすると思われます。
 アップル社とマイクロソフト社の戦い、そしてソニーのウォークマンはどうなってしまうのでしょう。    (田村)

 今週の話題 

「朝日祭出店」
 
 10月27日から29日までの3日間、朝日大学キャンパスで「朝日祭」が開催されました。ビジネス企画学科の1年生は、4チームに分かれて、「チヂミの店」、「水餃子の店」、「風船の店」、「ダーツと綿菓子の店」を出店しました。当学科では、商売を実践する形で学ぶケーススタディとして毎年、1年生が参加しています。  
 朝日祭出店は、「商売」を経験したことがない学生にとって、単に机上でビジネスの仕組みやマーケティングを学ぶよりもはるかに有益で、「儲ける」ということを実感できます。また、「商売人の基本」、「売り方の基本」などのエッセンスがぎっしりと詰まった演習の場でもあります。  
 「どこから、どのぐらい仕入れるか」、「試作はどうするか」、「販売価格はいくらにするか」、「売り子の衣装はどうするか」、「POPや看板はどうするか」、「儲けは出るか」、すべて自分たちで考えて行動していきます。そして、「儲けることに執着する気持ち」、「売り上げることの喜びや達成感」なども得られます。
 こうした機会は、商売の基本を体験できるばかりか、それぞれのチームで社長、会計などを選出し、チーム内で役割分担を決めるなど、準備段階でもいろいろと学ぶことが多くあります。
 朝日祭出店を通じて、学生が、「段取りよく準備する」、「準備に漏れがないか確認する」、「急な変更に対応する」、「チーム内で話し合う」、「協働作業をする」など、社会人として身につけるべき技量を修得する場となればと思います。    (中畑)


 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/08/18)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/06/20)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/08/25)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/09/03)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/06/28)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/04/19)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/11/17)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/02/16)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/03/08)

最近の記事