朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/03/26)

コラムに関するご意見はこちらへ→
3月26日号(第260号)


 身近なビジネス 
「上司の背中」
 先日、クラブやサークルのリーダーを集めて1泊2日で合宿を行うリーダースキャンプを行いました。学生があるテーマに基づいて問題の抽出とその解決策を考え、リーダーとしての力を養うものです。  
 私の班は、学生と教職員の交流を図る、というテーマでした。予想どおり(?)学生からは教員に対するいろいろな要求が出てきましたが、中に「教員がどのように研究や仕事を行っているか教えてほしい。」という意見がありました。学生は自分の身の回りのことにばかり関心を持っている、と日ごろ感じていた私にはちょっと意外でした。  
 教員の言動はよかれ悪しかれ学生の見本となります。事前に学生の反応を計算しておもしろい仕掛けを準備しておくことや過去の経験を生かして余裕を持った対応をすることも重要ですが、どうせ学生はわからないからというのではなく教員の現在進行形に触れさせることも学生の指導にとって重要だと思います。  
 ビジネスにおける上司と部下の関係でも同じことがいえるように思います。上司が部下に適切な指示を行い、部下を適切な方向に導くことは重要です。しかし、たとえ適切な指示があまりできなくてもいつも一生懸命動く上司であればそれは部下に通じ、部下の仕事の成果に大きな影響を与えると思います。仕事に対する取り組み姿勢もリーダーシップの重要な要素です。    (村橋)

 パソコンで遊ぼう 
「若者の感性」
 
 1968年にサービスを開始、1996年には649万件の契約数を誇ったポケベルサービスが3月末で終了します。最盛期にその需要を支えたのは女子高校生を中心とした若者達で、ポケベルは女子高校生の必須アイテムでもありました。その後実用化された携帯電話、携帯メールサービスに若者の関心が移っていくにともないポケベルブームは去っていきます。  
 そして現在、携帯電話・携帯メールの需要を支えているのもまた若者達です。やや下火になった感はありますがプリクラのブームを作ったのも同じように女子高校生を中心とした若者達でしたね。このように商品あるいはサービスが大きな市場を形成できるかどうかには若者、特に女性の感性に訴えるものがあるかどうかが大きく影響しているといっても過言ではないでしょう。ポケベルの場合、当初NTTが想定していた利用形態は医療機関、企業等の緊急連絡用であり、女子高校生達の遊び心をくすぐる商品として開発されたものではないはずです。しかし、このサービスに対して若者の関心が向けられていることに気づいたNTTは新たなマーケティング戦略を展開、大きな市場形成に成功しました。そして、その経験が現在の携帯電話、携帯メールサービスの仕様決定に活かされているように思います。
 今日、26日は朝日大学の卒業式、4年間の大学生活を終えた学生諸君が社会へと巣立っていきます。どうか君たちの感性を就職先で活かすよう努力してください。「若者の感性」を本当に理解しているのは君たち自身なのですから。    (妹尾)

 今週の話題 

「選抜高校野球開幕」
 3月23日から、選抜高校野球が始まりました。代表32校は、前年の秋季地区大会の成績や校風・地域性などを資料として「選抜」されます。夏の甲子園大会には都道府県大会の優勝校が出場しますから、代表校決定の基準が夏と春の甲子園では異なるのです。  代表校の選出代表校の決定から大会の開幕までの期間が長いことも選抜高校野球の特徴です。夏の甲子園の場合、代表決定から開幕まで1週間から10日間程度の間隔です。選抜高校野球の場合、今年は1月26日に代表校が決定しました。大会の開幕まで約2ヶ月間という長い期間が空くことになります。前年の地区大会優勝校、準優勝校の多くは当確であることが多く、5ヶ月もの長い期間を経ての開幕となります。この長い期間と、代表校の性質が、大会運営にも大きな影響を与えることになります。地方の伝統校が選抜に出場した場合、長い準備期間を利用して、大応援団が全国から集結・編成されます。この大応援団が、大会の盛り上がりや観客動員数にも大きな影響を与えます。2001年度から導入された21世紀枠には、そのような伝統校が選出されるケースが多いようです。  
 大会運営といった観点から見ると、近畿地区の代表校が6校と多いことも説明が付きそうです。地区のレベルの高さとともに、観客動員数の増加や大会の盛り上がりといった大会運営上の理由とも無縁ではないでしょう。 晴れの舞台に立つ高校生の活躍とともに、夏に比べ苦労の多い大会運営の成功にも期待したいと思います。    (林)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/7/13)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/06/18)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/12/20)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/08/18)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/08/28)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/07/30)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/11/12)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/11/22)

最近の記事