朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/08/04)

コラムに関するご意見はこちらへ→
8月4日号(第331号)


 身近なビジネス 
「評価の難しさ」
 大学では前期の試験が終わり、夏季休暇に入りました。私たち教員もほっと一息というところですが、前期の締めくくりとして成績評価を行わなければなりません。  
 大学の成績評価は非常にシンプルで、かつ学生の関心も必ずしも高くありません。しかし、成績評価は教育の質を担保する重要な役割をもっています。今回も公正妥当となるよう悩みながら成績評価を行いました。  
 成績評価は企業では人事評価にあたります。人事評価は給料や昇格に反映されるため成績評価に比べ格段に重要で、公正な人事評価が企業の重要な課題となっています。人事評価の巧拙が社員のやる気や成果に大きな影響を及ぼし、それが企業の業績や競争力に反映するからです。そのため、多くの企業でより適切な人事評価を行う努力が行われています。
 人事評価では陥りやすい7つの問題があるといわれ、その1つに寛大化傾向があります。評価への反感や部下への気遣いからついつい評価が甘くなる傾向です。私も成績評価を行うときに学生をなんとかしてやりたいという気持ちになり、学生から「いい先生」とよく思われたいという心理も頭をかすめ、成績評価を甘くしようとする誘惑にかられます。
  しかし、甘い評価をつけることは学生のためにならないと自分を戒めながら成績評価を行っています。甘い評価を認めることは、学生がまじめに勉強せず手を抜くことを助長し、学生をだめにしてしまいます。また、まじめにやってきた学生は自分の努力が正当に評価されないような感じがして、やる気をなくしてしまう可能性もあります。
 ただし、厳しい評価のため不合格者が多くなっても仕方がないということではありません。不合格者が多く出たということは、授業のやり方に問題がある可能性が高く、教員にとっては自分の授業が不合格といわれたようなものです。 幸い、今回の試験では不合格者はほぼ予想通りでした。後期は公正妥当な評価を行いながらかつ不合格者を出さないように一層授業を工夫していきたいと思います。   (村橋)

 パソコンで遊ぼう 
「原油価格の影響」
 
 原油価格の高騰によるガソリンの値上げ、物価の上昇、株価の下落と新聞紙上にはあまりうれしくない記事が目立ちます。企業によっては今年度の業績予測を下方修正するところもあります。厳しい状況が予測される中、消費者自身の意識も“守り”の方向に働き、遠出を控えて近場でのレジャーに切り替える、買い物も必要最小限に抑えるといった動きが出始めています。
 このような消費者心理の変化は流通業界に大きな影響を与えそうです。すでに客数の減少に悩んできた百貨店業界に加えて郊外型大型スーパーの客数減少が伝えられ始めました。ガソリン代の値上げにより遠出を嫌う消費者が増えたことが影響しています。休日にはレジャーを兼ねて人気のあったアウトレットモール等はさらに深刻な影響が心配されます。一方、これまで客足の減少に悩んできた地方の商店街の中には現在の状況を好機ととらえて巻き返しを図ろうとしているところも現れました。商店街同様、客足の減少に悩んできた地方の私鉄とタイアップ、車を使わないで買い物ができるよう自転車の電車内への持ち込みを可能とする、買い物時に手渡されるサービス券を乗車料金に使用できるようにするといった新たな試みが紹介されています。また、通信販売業者とコンビニエンスストアの新たな提携も生まれてきています。これまでにも、通販商品の受け取りをコンビニエンスストアで行うという形での提携は行われてきましたが、今度はコンビニエンスストア側が通販業者を経由して商品を販売するという新たな試みです。小型店舗ゆえに取扱商品に制限のあったコンビニエンスストア事業者も通信販売システムを利用することで取扱商品の種類を増やすことが可能となります。外出を控えて通信販売を利用しようという消費者が増えれば事業拡大のチャンスです。
 このまま原油高が続くようであれば、さらにいろいろな変化が出てくることでしょう。例えば地産地消(地域で生産したものを地域で消費する)の動きが進めば、地域農業への影響もありそうです。    (妹尾)

 今週の話題 

「新球場完成・練習会」
 朝日大学に新球場が完成し、8月1日より使用しています。センターが120m、両翼が93mあり、 外野が人工芝の立派な球場です。
 立地も、学業との両立を目指すため、キャンパス内に建設をしました。写真は、校舎から撮影したものですが、校舎とグランドが隣合わせになっています。照明設備も備え、授業終了後の練習に対応しています。
 完成までの工期は約半年に及びました。その間、近隣の球場、高校のご理解をいただき練習場所を確保していました。本当にお世話になりました。
 ところで、8月2日より 甲子園大会が開幕しました。高校野球に限らず、トーナメント戦は優勝チーム以外全てのチームがいつかは負けることになります。大学野球はリーグ戦・勝ち点制が基本です。本当の強さや力が試されると言えます。この点は、大学野球の一つの魅力といえます。高校三年生の中には、この夏の予選で、悔いを残し、力を十分に発揮出来ずに終わった人も多いのではないでしょうか。大学野球は、マスコミへの露出こそ高校野球に劣りますが、魅力あるものです。野球の試合と同じく、野球人生も最後まで誰が勝者か分かりません。高校野球を終えた段階では、まだ三回裏か四回表と言ったところではないでしょうか。大学野球に興味があり触れてみたい希望があれば、朝日大学野球部では八月七日に、練習会を行う予定です。問い合わせは本コラムまでお願いします。  (林)


 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/10/29)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/05/24)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/9/30)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/6/23)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/12/15)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/03/10)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/01/06)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/1/6)

最近の記事