朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-09/2/23)

コラムに関するご意見はこちらへ→
2月23日号(第360号)


 身近なビジネス 
「知恵を絞って経営する化粧品店」
 今回は商店街によく見かける化粧品店の中で魅力的な店舗を1つ紹介しよう。最近では、若い層を中心に、大型のドラッグストアや商業施設のセルフショップでコスメ商品を購入する機会が増え、地元商店街にある昔ながらの化粧品店の経営は概ね厳しい状況にある。そうした状況下においても、元気に客を集めている店が岐阜の商店街にある。
 この店がなぜ客を集めているのか、店主にヒアリングしたところ、いくつかのことがわかった。 1つは、ターゲットを60歳以上の高齢層に絞って、きめ細かな接客、応対を行なっていることである。その一番の応対は、世間話を長時間されても不機嫌な顔をせずに、顧客の会話に付き合うということのようだ。顧客が求めているのは、商品のほかに、肌の悩みなどを親身に聞いてくれる店主、とても親しみやすい店主の奥様、世間話に花が咲いて楽しいひと時を過ごせる時間であり、それが「また来よう!」という気にさせる。
 2つ目は、ターゲット客が欲しくなるような色柄のエコバックを取り揃え、顧客の足を止めるなど、顧客へのPRにも工夫を凝らしていることである。一番売れているのが、わざわざ東京浅草まで店主自ら仕入れに行くこのエコバックだという。また、近くにある劇場などから顧客を誘引すべく、その客向けの独自チラシを作成するなど、できうるすべて手を尽くしている。
 客が行き交う中、店の奥で座って新聞を読んでいるような店主も多く見かけるが、店主のモチベーション次第で店は大きく異なる。商店街に来る客がそもそも少ない、駐車場が有料だからなどの言い訳はいくらでもできるが、置かれた環境で弛まぬ努力を続け、精一杯の知恵を振り絞ることによって個店は魅力あるものとなろう。   (中畑)

 パソコンで遊ぼう 
「Windows Vista⑥」
 
 ~前回⑤から続く~
 Windows Vistaを使いこなす特集、Vistaを少しでも高速化したいという学生の願いをかなえるための使いこなしテクニック第6回目です。
 前回はWindows Vistaの売りの機能の一つである、高速ファイル検索機能を止めて高速化する方法を紹介しました。当然高速ファイル検索機能は使えなくなりますが、使用しているアプリケーションソフトの裏で勝手に動いて高速検索のための索引ファイルを作るために、アプリケーションソフトの動作を遅くしてしまうので、これを止めて高速化しました。  今回もアプリケーションソフトの裏で勝手に動いてしまう「自動復元ポイントの作成」を止めて高速化します。復元ポイントを作っていると誤って削除したり、上書きしてしまったファイルを復元することができる便利な機能なのですが、裏で勝手に動いてアプリケーションソフトの動作を遅くしてしまうので高速化を優先するなら止めてしまいます。
 「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「システム」を開き、左側のタスク項目の「システムの保護」を選択すると、「システムのプロパティ」ダイアログボックスが開きます。「システムの保護」タブにある「ローカルディスク(C:)」に付いているチェックをはずして、[OK]を押すことで自動復元ポイントの作成を停止させることができます。
 これで自動では復元ポイントを作ってくれませんから、使う人の自己責任で新しいアプリケーションソフトをインストールしたり、新しいハードウエアを取り付ける前に、復元ポイントを作成しておいてからインストールや取り付けを行い、パソコンが不安定になるなどの不都合が発生した場合に、復元ポイントを使用して不都合が発生する以前の状態に戻すという様な使い方をしてください。 
~次回に続く~   (田村)
 *最初から読みたいあなたへ:「Windows Vista①」はここをCLICK!

 今週の話題 

「石川遼 マスターズへの道」
 社会人野球の強豪チームである日産自動車が、2009年限りでの休部を発表しました。卓球部なども同様に休部するようです。  
 今や、誰もがご存知の高校生プロゴルファー石川遼君が、4月9-12日にアメリカ(ジョージア州)で開催される「マスターズトーナメント」に特別招待枠で出場することが決まりました。この大会はゴルフ界の4大大会(マスターズトーナメント、全米オープン、全英オープン、全米プロ)の一つであり世界がもっとも注目する大会の一つです。出場資格がとても厳しく、日本のトッププロでもこの招待状が届くと大喜びです。毎年、日本のトッププロでも数名の選手しか招待状が届きません。
 ちなみに、石川君の昨年度の成績は国内賞金およそ1億円、賞金ランキング5位、世界ランキング60位(50位以内であればマスターズ出場資格が与えられる)で、残念ながら、正規の出場資格の基準に該当するものはありませんでした。しかしながら、大会本部は、彼がアマチュア時代に日本のトーナメントで優勝したこと、プロ1年目のルーキーイヤーで素晴らしい活躍(前述)をしたこと、さらには、まだ17歳という若さであることも評価のひとつとし、今後の彼の成長を期待して特別招待したようです。〔ところで、賞金は1億円ですが、コマーシャル等の契約料の総計は6億円とも言われています。こちらでの活躍も凄いですね。17歳で私の生涯賃金の何倍稼いだの・・・(怒り)。〕  
 さて、その石川君ですが、マスターズで勝つための準備を着々と進めています。まずは、自宅近くにマスターズのコースを敷き詰めてある芝やバンカーの砂に、できる限り近いもので練習場(コースもどき)を作り、国内にいてもマスターズのコースの感触が味わえるようにしました。次に、すでに先週からアメリカのツアーに参戦し(初戦は予選敗退)、現地で環境や雰囲気になれるためのトレーニングを始めています。3月にも2試合の出場が予定されています。ここで、結果が出れば申し分ないのですが、彼の頭の中にはこれらのツアーの参戦は本番であるマスターズトーナメントで戦うためのトレーニングの一つでしかないと思います。失うものは何もありません、マスターズでいろいろな体験をして、いろいろなものを吸収してきて欲しいと思います。  
 ところで、何かおかしいと思いませんか? アメリカのツアーに参戦するためには、そのためのテストを受けて合格しなければなければならないはずです。ではなぜ、彼は3試合も参戦できるのでしょう。実は、ツアー主催者も経済不況には勝てないようで、日本のスポンサーの獲得や石川君の参戦による経済効果をにらんで、こちらも主催者特別推薦枠を活用しての参戦を許可したようです。ゴルフ界にもいよいよ厳しい時代が来そうな予感のする今日この頃です。それを救うのは石川遼君とタイガーウッズかな。   (山本)


 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/06/14)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/02/09)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/03/12)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/9/22)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2015/2/23)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/2/13)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/06/30)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/4/7)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/06/19)

最近の記事