朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/11/28)

 
11月28日号(第504号)


   
「1年生も見学です」
 先週の「News」で2年生の企業見学についてお伝えしましたが、11月24日には1年生が社会見学を行いました。学生たちは2つのグループに分かれて一方はトヨタ自動車元町工場を、もう一つのグループは名古屋地方裁判所の見学を行いました。  
 看板方式で有名なトヨタ自動車の「モノづくり現場」では、一本の生産ライン上で複数の車種が同時に組みたてられていく状況を自分たちの目で確かめるとともに、それを支えている生産システムについて学びました。一方、名古屋地方裁判所では裁判員裁判が行われる法廷を見学、裁判員制度の説明を受けるともに実際に行われている裁判を傍聴、学生たちにとっては多分初めてであろう「裁判の現場」を体感してきました。  
 ビジネス企画学科では講義室での授業に加えて「現場の体験」が大切との考えで、このような社会見学を実施しています。    (妹尾)

   
「マネーボール」       <ファイナンシャルコース>
  先週のスポーツアナリストの話には美味しいおまけがあります。スポーツが好きでも、勝つためにはデータが必要だと分かっていても、多くの監督やコーチには二つの問題があり分析結果を試合に応用できません。そのため誰にも真似されないため、良いアナリストを信じた監督は勝つ確率がさらにあがるのです。つまり、実行すれば大変お得です。  二つの問題とは第一にデータを読む技術を身についていないこと、もう一つは読み取ったデータどおりに信じて行動できないことです。データやグラフを読むのにも、技術がいります。図表がどういう条件のもとで成立しているのか前提を頭に思い浮かべることができる技術、つまりデータのAとBを真に区別できる技術が必要です。この技術習得のためには、簡単なグラフを自分でたくさん書いてみることが必要不可欠です。そして一度この技術を身につけると、苦手な分野のグラフや図表も読めるようになります。スポーツを辞めた後もビジネスや社会生活で応用が効くのです。
 もう一つのより大きな問題はそうやってデータの大小を真に比較できても、実際にそのデータに従って行動を取ることは大変難しいという点です。ゼミの野球部の学生にノーアウト一塁でバントせずに得点する確率がプロ野球では40%であることを示し、ノーアウト一塁でバントして得点する確率を、1アウト2塁(バント成功)、ノーアウト1,2塁(セーフティバント成功)、1アウト1塁(バント失敗)でのそれぞれの得点確率から予想させました。彼らはバントで得点できるのは30%と予想しましたが(バントせずに得点できる確率よりずっと低い!)、それでも場合によってバントさせると回答しました。
 明らかにバントが不利なのにデータに関係なくバントを選ぶのは、ノーアウトではバントをするもの、という経験ですり込まれた先入観が強く作用しているからです。実際のプロ野球のデータではバントして得点する確率は40%でバントしない場合とほぼ同じです。そのことを知れば、なおバントしたくなると言うことになります。つまり、データをベースに行動できないのです。(さらに言えば、学生がバントでの得点確率を低く予想した真の原因は、彼らがセオリーとは違って経験からバントはヒッティングより成功する確率が高いと思っていない事が想像できます。つまり失敗するかもと思ってセオリー通りバントしている、から失敗するのかもしれません。)
 こうなったら、データの使うすごさを学生に実感してもらうしかありません。データを活かし金持ち大リーグチームをきりきり舞いさせた弱小球団のGMビリー・ビーンの実話映画「マネーボール」がちょうど公開されています。分析を活かせなかった罰ゲームとしてゼミ全員でこの映画を今週見に行くことにしました。なおこの映画の原作者は、証券業界出身で株や債券のアナリストの訓練を受けました。彼は証券業界の強欲に嫌気がさして短期間で業界を辞めましたが、証券業界の裏側やスポーツのデータを使った勝利者をテーマにした著述に専念し大成功しました。アナリストは辞めても美味しいのです。   (岩崎)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/09/05)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/08/08)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/12/09)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/7/13)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/12/07)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/4/27)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/8/26)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/01/27)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/04/12)

最近の記事