朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/12/05)

 
12月5日号(第505号)


   
「ビジネス能力検定(B検)」
 12月4日(日)、ビジネス能力検定(B検) 3級試験【10:00~11:30】・2級試験【13:10~15:10】が、本学6号館6301講義室において実施されました。今回の受験対象者は、7月第1回目の検定を受験できなかった学生(各種大会等)と教職課程履修者です。
 これまでビジネス能力演習Ⅰ・Ⅱの授業と基礎演習・専門演習で培ってきたビジネス常識、組織・業務に対する基本的知識・能力を図るための検定試験です。一年生においては、B検3級合格が二年生への進級用件となっています。また、合格者には奨学金(3級2万円、2級5万円)が支給されることもあり、普段の授業にも増して、制限時間の最後まで諦めず真剣に解答する姿がありました。
 さて、結果はどうでしたか。来年1月下旬の発表が楽しみです。   (長屋)

   
「選択する①」       <消費者心理コース>
 個人には行動における選択決定権がある。規制される分野もあるが、日常生活の大部分は興味関心や嗜好によって自由に選べる。選択には大きく2つの種類がある。「YES-NO」の選択と、「WHICH」の選択だ。前者は何かの課題を前にしたときに取り組むか取り組まないかを選ぶ場合であり、後者は複数の選択肢の中からいくつかの解決法を選ぶ場合である。それぞれに行動特性がある。  
 「YES-NO」の選択では、YESを選んだ際に得られる果実(価値)とリスク(確率)を、現状と比較する。NOは選ばないことだが、変化よりも現状維持を優先する選択である。現状維持の心地良さから、「選ばない」が選ばれるのはよくあることだ。しかし見方を変えれば、課題を抱えることは機会(チャンスか?ピンチか?)を獲得した状況である。選択を決断する際に、果実を重視できれば前進しやすくなるが、リスクを重視すれば前進しにくくなる。頭の中に、成功した姿をイメージするか、失敗した姿をイメージするか、によって選択は異なる方向に向かう。個人には選択の自由があるから、機会を活かすも見逃すも、各自の思考に大きく依存する。万が一、失敗すれば後悔するので、見逃すのも有力な選択肢だ。ただし、時間の経過と共に「やらなかった」ことへの後悔の念は、大きく膨らんでいく。成功したか失敗したか、明確な結果が得られないままなので、割り切りをつけ難い。「あの時やっておけば・・・」という思いが心をよぎる。後になって後悔しないため、機会に巡り合った際には、できる限りポジティブ思考で望みたい。  
 ビジネスでは、顧客の選択をYESに傾けさせるための試みが多く行われている。消費者心理に関わるマーケティング戦略だ。YESに傾けさせるには、果実をより大きく感じさせるか、リスクをより小さく感じさせるか、のいずれかの方法が採られる。自動車を販売するには、「試乗」が有効だ。真新しい車を運転すれば、魅力は自然に強まる。「この車でこんな場所に行ったら楽しいだろうな!」と想像を膨らませる。CMで子供の運動会をビデオ撮影するシーンを見せるのも効果的だ。親なら「あのように記録に残せたらいいな!」という気持ちを抱くものだ。モノやサービスを活用したバラ色の未来場面をイメージさせて、価値評価の増大化を図る。ポジティブ思考が誘発されて選択はYESに傾きやすくなる。一方、売れ筋ランキングの上位商品を選べば、後で後悔する可能性は低いはずと思いがちだ。皆が使っていれば大丈夫という根拠なき根拠だ。通信販売で「到着後30日以内なら返品可能」とあれば、不満ならいつでも返品できるから安心だ。未来場面から不安を取り除いて、リスクの軽減化を図る。
 選択時には、実利だけでなく心理的な作用も軽視できない。選択を良い方向に傾けさせるには、気持ちへの関与が欠かせない。好ましい未来場面を創造するのだ。ビジネスでは、金銭価値より心理価値のほうが重視される場合もある。「WHICH」の選択については、次回取り上げる。    (常川)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/05/26)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-09/1/5)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/06/02)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/12/22)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/07/28)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/11/13)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/12/01)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/09/20)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム)

最近の記事