朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/1/9)

 
1月9日号(第510号)


   
「新春 面接合宿」
 正月明け早々、3年生の希望者は大垣のホテルで行われる1泊2日の面接合宿に参加しました。
 先輩4年生の就職率が60%を下回るのではないかと懸念されている状況の中で、参加した学生たちの顔も真剣でした。中にはこの合宿に参加して始めて自分の置かれている深刻な状況を理解できたという学生もいて、いつもの教室とは異なる緊張感が会場に充ちていました。
 模擬面接ではありますが、面接官は西濃運輸、岐阜トヨタなど企業の総務・人事担当など採用のプロたちが直々に本番同様に面接試験を経験させていただいた上で、アドバイスも受けることができるという貴重な体験合宿です。
 朝日大学の高い就職率は、この様なさまざまな学生サポートによって実現されています。面接合宿は、1月7~8日と14~15日の2回、総勢120名の学生が参加します。 
(田村)

   
「Xファクター」       <ファイナンシャルトコース>
 先日紹介した「マネーボール」映画版では、ジンクスで試合を直視できないGMの主人公に、父親思いの娘が20連勝のかかった試合を見ることを薦めたことになっています。しかし実話は、父親が娘に「こんな時くらい親父の仕事の野球中継を見ないか。」というのに、娘がつれなく「アメリカンアイドルを見ていて目が離せない。」と答えたようです。「アメリカンアイドル」や「Xファクター」はスター誕生番組で、1万人以上の応募者の中から予選を繰り返し5ヶ月かけて一人の歌手を産み出す番組です。候補者が20人前後となったセミファイナルからは視聴者の投票で一人ずつ脱落者が決まることから、視聴者一人ひとりのお気に入り候補が生まれ、米国では最大1億票を集める国民的人気番組です。
 現在日本でもBSのフォックステレビ(9月まで無料)で見ることができ、今年の正月は撮り貯めしておいた「Xファクター」を見て過ごしました。フォックステレビは米国の下品なテレビ文化を代表しているような所もあるのですが、この番組から透けて見えるのは日本とアメリカの文化の違い、そして日本も少しずつこのような方向に変化しているという感覚です。日本のアイドル募集番組のようなルックスだけで事を決めアマチュアの可愛い気を評価する雰囲気は全くありません。しかし歌の巧拙だけでなく、審査員や視聴者にアピールする何か(Xファクター)を「持っている」ことも求められます。苦労している参加者も多く、厳しい米国社会の中でこの勝負に賭けようという思いが強く本気です。
 本気の参加者はただ審査員やコーチの意見を素直に聞くだけでなく、批判的な意見にもしばしば自分の意図を明確に主張して反論します。意見を言わなければ同意したものと見なされ、同意すればその点が変わらなければさらに厳しい批判を受け脱落していきます。つまり、この番組を見る人は、知らず知らずに自分の意見を述べる大切さと、主張することが当たり前と感じるようになるわけです。日本では先生やコーチの助言に納得できなくても素直に聞くことが美徳にされるのと比べると、大きな違いです。
 また、どんなに歌がうまくても自分に自信のない候補者は審査や投票でどんどん消えていきます。歌がめっぽううまいが引っ込み思案な候補者が僕のお気に入りだったのですが、遠慮なく落とされました。自分の特徴に自信をもて、自信のないことは罪だ、もじもじしているなら上に行く資格はないという批評を繰り返し受けます。逆に一定以上のレベルで自分の特徴を活かし自信を持って参加していれば、○○は今ひとつだが個性的だと評価されることはあっても、自信過剰で態度が悪いと非難されることはありません。  
 印象的だったのは、なまりのためいじめられ自分を隠して生きてきた大学生が、予選で曲が合っていないと言う審査員に「私はこの歌が好きで心を込めて歌った、これが私だ。」と方言丸出しで主張したあとから、めきめきオーラを放ちだし優勝したことです。思い切って自己開示してXファクターを手に入れる。というやり方もあり、なのです。   (岩崎)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/05/10)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/09/26)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/09/27)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/03/14)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-1/1/28)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/06/21)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/04/28)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-1/3/11)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/06/13)

最近の記事