朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/1/30)

 
1月30日号(第513号)


   
「春休み」
 今日(30日)で期末試験も終わり、学生たちは春休みに入ります。とはいっても、2月中旬までは期末試験の合否発表、その後行われる追・再試験と期末試験で頑張りきれなかった学生はまだまだ気を抜くことはできません。さらに、3年生は本格的な就職活動が始まる大切な時期を迎えます。岐阜・名古屋地区で開催される各種企業説明会等に加えて、大学独自の合同企業説明会も岐阜都ホテルを会場に開催されます。この春休みの期間をうまく使えるかどうかが、その後の「内定獲得」という結果に大きく影響するといっても過言ではありません。
 就職活動に限らず、約2ヵ月間の春休み、一人々々がやるべきことを考え実行する有意義な時間として過ごせるよう、そして事故などが無く新学期を迎えられるよう、教員の一人として願っています。   (妹尾)

   
「お金は減るもの?」       <ファイナンシャルコース>
 うちの大学生の娘はまだお年玉をもらってます。正月はそれを持ってバーゲンセールに出向くのが恒例ですが、もう使い果たした頃です。来年卒業すればお年玉はもらえないので、お金のために就職し給料をもらわなくてはと思っているかも知れません。それでは身も蓋もないので自分らしい仕事を探すと言うかも知れません。多くの人にとってお金は生きていくのに必要であると同時に、必ず出ていくもの、減っていくものと思われています。さらにお金の話をするのははしたないと思っている人も多いでしょう。お金のことはセックスの話と同じように人に相談しづらい話になっています。  
 一方、世間を知っている人はお金とは増えるもの、増やすものと考えています。このため、増えるようなお金の生かし方(投資)が正しいお金の使い方で、増えないお金遣い(消費や浪費)は間違った使い方とするのです。増えるようなお金の使い方なんてあるの、と素朴な質問をすると、そのようなチャンスは決して多くありません、その時のためにお金を使わず貯めるのです、との答えが返ってきます。これは江戸時代から変わらないようで、当時のベストセラー作家井原西鶴は、江戸時代のお金持ちの実例を多く書き残しました。彼はお金とは両親と同じく命の親だと思え、お金持ちになるには長者丸という薬を飲むと良いとします。その薬とは、早起きして夜遅くまで熱心に働き、倹約、工夫と健康を毎朝毎晩気にかけることだそうです。  
 なんだ、ただの勤勉・倹約じゃないか、それじゃつまらないし、たいして増えない、と考えているあなたは、株で1億円儲ける方法とか、FXで稼ぐ本のほうがワクワクするかも知れません。でもちょっと冷静に考えれば、本当に儲かる方法があればそれを見ず知らずの他人に話すことはないはずです。本を売って著者が儲けたいのか、何かの取引に引き込みたいのかが透けて見えます。このような例に乗せられ金を失う実例も西鶴は書き出しています。昔の人はこのことを「ただより高いものはない」と一言で教えました。
 江戸時代の話と思うかも知れませんが、現代日本とアメリカのお金持ち調査でもほぼ同じ事が報告されています。親の遺産や芸能やスポーツ、株などが当たって金持ちになった人は例外で、多くのお金持ちの特徴は収入よりずっと低い支出で質素に生活していること、世間体よりお金の心配をしないですむことが大切だと思っており、親から援助も受けず、子どもたちも自立させ、自分に合った職業を選んでビジネスチャンスをつかむのが上手だということです。昔の人はこれを「陰ひなたなく働け」とだけ言い聞かせました。長者丸は知っていても実行するには修行がいるため、いつも思い出せるように、です。   つまり、勤勉に働く中でビジネスのやり方やコツを覚え、その専門性の中で投資の機会を見つけることができる、就職とは給料をもらって安定することではなく、お金を増やすチャンスを見つけるためのトレーニングと同時に元手を貯めること、と考えていたのです。江戸時代は貿易も少なく低成長の時代でしたが、自分探しをする今の就活より昔の考え方のほうが夢があると思いますが、どうでしょう。    (岩崎)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/06/02)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/11/18)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/06/14)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/08/27)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-02/08/05)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/01/17)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/12/10)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/4/29)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/12/07)

最近の記事