朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/08/06)

 
8月6日号(第540号)


 
「ラフティング」
 期末試験も終わり、8月1日から学生達は夏休みに入りました。
 ビジネス企画学科では毎年、夏休みの初日に1年生を対象に参加者を募ってラフティング(ゴムボートを使った川下り)を行っています。今年は晴天続きのためラフティングを行う長良川の水量は少なめでしたが、初めてラフティングを経験する学生は結構スリルを楽しんでくれたと思います。  
 ラフティングでは「瀬」と呼ばれる流れが急な場所をリーダー(インストラクター)の指示に従ってメンバー(6名)がうまくオールを操って通り過ぎなければなりません。オールの操り方が合わなければ岩にぶつかり、ボートが転覆することもあります。最初はお互いバラバラだったオールさばきがピタリと合うようになるとボートは気持ちよく瀬を過ぎていき、メンバーから歓声が上がります。  
 途中、高い岩の上からの飛び込み等も交えた約2時間の川下り、帰りのバスの中では心地よい疲れにほとんど全員が眠ってしまいました。   (妹尾)

   
「チームの時代」       <ファイナンシャルコース>
  オリンピックでの日本選手の活躍に感動する日々が続いていますが、僕の好きなサッカーは男子も女子も決勝トーナメント進出とまだまだ寝不足が続きそうです。特に男子はうれしい誤算でしたが、二つのチームを追っていると個人の能力を超えるチームの力が目につきます。データを見ると、予選リーグでの男子の得点2点は出場16チーム中9位、シュートの決定率は5%と10位、女子も2得点で出場12チーム中8位、決定率は7.4%、9位でなかなか厳しい状況がうかがえます。ところが英国の公認ブックメーカーの優勝予想では、男女とも3,4番人気になっています。シュート力に代表される個人の力より、チームの力がプラスに評価されているのでしょう。  
 対戦相手もそのことを理解していますので、日本のチームがバラバラになるように仕掛けてくるはずです。それをどうかいくぐれるかが、結果に結びついていきます。このときピッチにいるレギュラーの11人だけが試合をしているチームと、サブの選手やスカウティングなどの情報分析、コンディションの管理をするトレーナーや栄養士を含めて有機的に結びついているチームとではその実力発揮に大きな違いが出るはずです。男子のスペイン戦は下馬評を覆して日本が勝ちましたが、スペインのチームプレーを封じるための前線プレスや、左サイドのスペースを意識して空けるなど、相手の力を弱めるスカウティングの工夫が凝らされていました。これもオリンピックの見所の一つです。  
 チームの力は個人戦の競技にも強く影響を与えだしています。水泳や体操、柔道でもチームという視点から観察すると、色々と面白い発見があるでしょう。今年朝日大学の女子フェンシング、フルーレチームは、全日本学生フェンシング王座決定戦で初優勝を果たしました。このチームの面白いところはチームキャプテンが試合に出たレギュラー3名ではない点です。試合にも出ず優勝で良かったね、とわかっていない学生に冷やかされた彼女ですが、彼女が役割を果たしたからこそ優勝が達成されたのです。彼女は優勝に向けてチームの練習計画を作り、レギュラーの悩みを受け止め、一緒に練習する中でレギュラーの自信を呼び覚まし、ともに立ち向かう当事者として選手の重圧を軽くしたのです。個人競技では個人の選手に猛烈なプレッシャーがかかることはオリンピックを見ることで誰でも実感できます。この重圧を彼女が一部受け止めてくれたからこそ、レギュラーは実力を発揮していきました。他のチームが3人で戦っているのに、朝日大学は4人で戦ったのです。  
 ビジネスはもちろんチームプレーそのものです。人の持ち味を組み合わせることで、一人では成し遂げられない偉業も達成できる可能性が広がっています。オリンピックに出られるだけの個人能力はなくてもトーダイをでていなくても、自分の持ち味を生かしてチームに参加できれば、メダルを取った人の「チョー気持ちいい」感動が可能になります。そのためには、目的をしっかり見据え、自分のできることで最大限貢献しようとするチームをくみ上げ、チームが壊れないようにコミュニケーションをとり続ける事が、スポーツでもビジネスでも大切です。勝っても負けてもオリンピックではそれがよく伝わってきます。 (岩崎)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/03/05)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/12/23)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/07/23)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/10/06)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/7/08)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/07/11)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/09/12)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/2/7)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/05/12)

最近の記事