朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/09/10)

 
9月10日号(第545号)


 
「自由な夏休み」
 今年の夏期休業も1ヶ月を過ぎました。大学生の夏休みは、高校生までとは異なり、決まった宿題があるわけではありません。全く自由な時間を、長く過ごすことができます。   活躍するビジネスマンは、長い休みを取ることはできず、わずかな週末でも、どう過ごすかの選択を大事にします。そのようなビジネスマンから見れば、大学生は、羨ましいほど自由な時間を持っていると言えます。この自由な時間という賞味期限のある宝物を、これからの自分の人生にとって価値あるものに変換してほしいものです。 (横井)

   
「手帳をもとう」       <スポーツマネジメントコース>
  社会人は、手帳が必需品だと言われています。携帯電話と同様に、なくてはならないものといっても過言ではありません。私も手帳は、肌身離さず持ち歩いています。なぜ、手帳がそれほど大切なのでしょうか?。
 手帳には、月間、週間、日々の詳細なスケジュールが記録されます。例えば、先々の予定を書き加えていくことで、「○○日までにあれを用意しないといけない」、「○時○分、A社に営業訪問しなければならない」、「○○日の会議で、これを準備・印刷しなければいけない」など、頭のなかでやるべきことが整理されます。
 その他、以下のようなメリットも期待されます。

(1)タイムマネジメントができる。
 与えられた課題(英単語を2万語覚えるなど)の達成に向けて、時間を逆算して管理、遂行していくことができます。作業の効率を高めることができます。

(2)フィードバックができる。
 自分のとった行動が、正しかったかどうかを後で振り返ることができ、次回に生かすことができます。

(3)モチベーションがあがる。
 やるべき課題や目標が明確に記されていることで、それに向かって一層の努力をするようになります。
 
 手帳を使用する際、コツとして「忘れてはならない重要な内容は赤のマーカーで線を引いたり」、「作業の優先順位を3色ボールペンで記したり」、「プライベートな事を付箋で分別する」など工夫を凝らすとよいと思います。
 手帳は、社会人に特化したものではなく、学生のときからドンドン使用されることをオススメします。    (藤野)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/03/10)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/8/10)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/05/17)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/03/01)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/10/30)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/12/10)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/08/20)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/12/21)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/4/29)

最近の記事