朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/10/22)

 
10月22日号(第551号)


 
「朝日祭開催!」
 10月19日から21日の日程で朝日祭が開催された。本年のテーマは「互知」で、学内・学外の様々な団体がお互いを知ろうとイベントや講演を行った。インターネット動画サイトで有名なMEGWIN TV.や村上記念病院の佐々木先生によるお酒に関する講演会など、普段はなかなか聞けない話に多くの学生や地域の方が参加した。また、キングオブコメディによるライブやきらめき☆タイムのダンスなどのイベントと共に多くの模擬店が参加し、朝日祭を盛り上げた。
   ビジネス企画学科ではポスター班として、所属する部活をテーマに活動内容などの紹介を行った。また、模擬店班では4店の模擬店を出店し、企画から仕入や資金管理などの実際の店舗運営を想定した実習を行った。学生は慣れない作業をこなしながら多くのことを学んだことと思う。   (曽我部)

   
「やる気をだす方法」       <消費者心理コース>
  私は、大学で学生相談係(メンター)をしています。特に、体育会のクラブに所属している学生からは、「練習がダルイです。やる気がでないんです。どうしたらいいですか?」と相談されることが多いいです。そのとき、私は学生のメンタル的な問題を尋ねる前に、まずは表情観察をします。相談にきた学生の表情が、それほど落ち込んでいるように見えなければ、次に睡眠時間、食事の摂取状況を尋ねます。
 すると、学生からは、「睡眠は4~6時間、朝食は食べないで朝昼一緒です」と返答。大半がここでひっかかります。
 上記のような悩みは、フィジカル面と密接に関わっていますので、体調が悪い日が何日も続くと・・・我を失い「自分の体調が悪いのは、クラブの練習が厳しいからだ」と原因を違うところに転嫁してしまう傾向があります。その後、「どうして練習がダルイのか?」と尋ねてみると、こうです。「練習が長くて家に帰るのが遅いので、寝る時間がなくなるから」といいます。恐らく、家に帰ってから一息ついて、食事、お風呂、洗濯などを行うので寝る時間が遅くなるとは思いますが、その後にどうも携帯電話で何時間も遊んでしまう(ゲームなど)ようなのです。
 そこで、学生には解決策として「睡眠を8時間とる」「ご飯を3食しっかり食べる」「寝る1時間前は携帯を触らない」の3点を約束させます。
 殆どの場合、睡眠、食事といった生活の根本的な部分と、携帯遊びで夜更かしをしてしまうなどの「欲」の部分でつまずいているように推察されます。でも大丈夫!?。すぐに予防できる方法があります。家の中で、よく目のつく場所に、次のことをして下さい。
 ・大学生活で成し遂げたい目標(インカレで入賞する)を書く
 ・上記、目標の下に「睡眠8時間」、「朝食をとる」、「寝る前は携帯で遊ばない」と記す。

 すると、「インカレで入賞する」という目標から、「私はインカレで入賞する選手になるんだ。だから睡眠をしっかりとってハードな練習ができるようにしよう。食事をしっかりとってもっと体を大きくしよう。携帯は我慢しよう。」など、本来のあるべき姿に向け、生活の乱れ(睡眠や食事、携帯遊び)を抑制するエネルギーが生まれるようになると思います。 
(藤野)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/9/23)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/10/21)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/8/12)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/5/6)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/07/21)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/12/20)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/02/21)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/06/06)

最近の記事