朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/12/24)

 
12月24日号(第560号)


 
「残すところあと少し」
 2012年も残すところあと少しとなりました。体育会の部活でも練習納めをして部室の大掃除が始まりました。帰省をする学生は楽しそうに年末年始の予定を立てています。
 ここ数日岐阜では曇りの日が多く、朝晩の冷え込みは痛いほどです。日中の伊吹山からの風は例年よりも寒く感じます。この時期は教職員も慌しく、曇り空を見ながら年末を実感しています。
 冬季休業は29日から7日までの9日間です。学生の皆さんは年末年始にじっくりと充電をして、7日には元気に戻ってきて下さい。    (曽我部)

   
「クリスマスプレゼント」       <ファイナンシャルコース>
  24日は休日ですが、大学では授業があるため東京の家族のもとにもどれず、お一人様のクリスマスです。そうなると不思議なことに、例年のプレゼント選びがとたんにおっくうになってしまいした。手渡せないプレゼントって、なんだか気合いがはいりませんよね。  
 クリスマスの習慣が日本に入ってきたのは明治時代、銀座の百貨店の年末大売出しとしてスタートしました。その後、サンタさんから子どもへのプレゼントというモダンな豊かさを感じられる風習として一部の人々の興味を引きました。大正天皇が12月25日に亡くなられその日が祝日となるとだんだん一般的になりました。昭和初期から戦後にかけてカフェやキャバレーなどの今でいうキャバクラからクリスマスパーティーが盛んになり、お父さんが罪滅ぼしと思ったのか徐々に家庭に普及していきます。日本のクリスマスはビジネスに主導され広がったのです。  
 バレンタインデーも販促として盛んになったイベントです。欧米では男性女性にかかわらず気持ちを伝える花などの小さな贈り物を贈りあう日です。日本では1958年頃からチョコレート会社によるPRがはじまりました。本格的に定着したのは高度成長期の終わり1970年代後半からでした。現在ではチョコレートの年間消費量の1/4がバレンタイン需要になっています。市場が伸び悩む中で、女性からの愛の告白という新しい習慣と市場を切り開いたのです。
 ハロウィーンのような欧米の習慣の持ち込みや、ゴロあわせで記念日を新たにつくってビジネスを活性化しようとする動きはよく見られますが、その中で定着したものにはある特徴がありそうです。「もの」より「相手を思いやる気持ち」が行事の目的だという点です。ここに気がつかずいくら記念日に広告費をかけても、「もの」に重点をおいたキャンペーンは成功せず、新しい市場を作る試みは失敗します。「義理チョコ」という言葉には、女の子のめんどくせーという気持ちが過不足なく表現されています。当然安いチョコレートしか買いませんし、もらった方も喜ばないのでそのうち買わなくなります。
 逆に「気持ち」をベースにしたサービスは、販促をしなくてもあっという間に広がります。クリスマスカード、年賀状、そして今なら、FacebookやLineがそうでしょう。日本でFacebookが広がったのは、東日本大震災のあとでした。大切な人に無事を伝えたい、自分の生活の一コマを友人に知ってもらいたいという「気持ち」に応じて、無料のサービスが広がっていったのです。結果、現在はFacebookそのものを販促に使う企業も増えてきました。ただし、これも行きすぎると「義理チョコ」化がはじまり、市場はすたれてしまいます。クリスマスはプレゼントより家族や恋人で集まり気持ちを伝えあったからこそ、日本で定着したのでしょう。
 そこで今年の奥さんへのプレゼントは、落語を現代におきかえた人情コメディー「タイガー&ドラゴン」のDVDにしました。これならクリスマスイブに不在でも、今度帰ったとき一緒にホロリと楽しめます。決めぜりふは「タイガータイガー、じれっタイガー!」です。 
(岩崎)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/12/11)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/08/25)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/10/25)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/05/05)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/06/04)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/03/14)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-02/07/22)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/06/06)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/05/03)

最近の記事