朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/05/10)

 
5月10日号(第423号)


   
スポーツシーズン本番へ
 4月の新学期が始まってひと月が経ちました。今年の朝日大学は4月29日から5月5日まで丸1週間の連休となりました。勉学に励んできた学生たちも、生活の時間整理ができたことでしょう。体育会の学生たちは、いよいよ大会シーズン本番を迎え、ゴールデンウィーク中も強化練習や試合にうち込み、体力や技術の向上が図れたことでしょう。
 昨年ついに全国ベスト4に勝ち上がりシード権を獲得したホッケー部が、2010 年東海学生ホッケー春季リーグで全勝優勝を達成したというニュースが飛び込んできました。7月1日~4日の大学王座決定戦出場が決定しました。今年は昨年以上にドラマチックな感動をもたらしてくれる予感がしています。 体育会各部で学生たちの活躍に目が離せない日々が続きそうです。   (横井)

   
「リテラシーとニューメラシー」        <ファイナンシャルコース>
 4月の授業を終わっての感想です。今年の一年生は例年に比べ授業への集中が続くし、文章を要約したり書いたりするコミュニケーション力にも良い資質を持っているな。そこにある教員がおもしろいデータを持って来ました。簡単な学力測定を実施したところ、今年の一年生の言語力は例年と変わらないものの、計算力が例年より統計的に有意に高いというのです。なぜ優秀な学生が集まってくれたのかはわかりませんが、それより大きな謎は見かけ言葉をたぐる資質が高く見える学生が、実際は計算の方が優れているという事実です。人を文系、理系にわけたがる日本人特有の思いこみとは矛盾する結果です。  
 小中学生の頃を思い出すと、国語の勉強をした記憶は漢字の書き取りや書き順くらいという人も多いのではないでしょうか。話のうまい下手は、基本的におしゃべりに生まれたか無口だったかに関係しているようにも見えます(社会にでると、そうでもないことを度々実感することになるのですが)。一方算数のほうは、ごくごく一部の天才を除くと、九九の暗記から始まって、桁をそろえる、分数の割り算、比例、文章題、一次方程式と、順を追ってトレーニングを続けないと、行き詰まったところからわからなくなってしまった経験のある人も多いでしょう。  
 こうやって身につけた計算能力が思いを人に伝えるコミュニケーション能力に直接リンクしているとは思えません。国語の勉強と算数の勉強の違いは、意識的なトレーニングを続けたか、続けなかったかにありそうです。スポーツの体験がこのことを良く理解させてくれます。初めて剣道の竹刀を握って素振りするとき、ほとんどの人は右手に力が入ってぎこちなく竹刀を振ります。毎日何百回と素振りを繰り返していると、次第に力を抜くところ力を入れるところが意識しないでも体に染みついてきます。そうしないと、長く素振りを繰り返せないのです。一度そうして素振りを覚えてしまうと、何年たっても素振りがかっこよくできます。サッカーのフリーキックも、自転車に乗ることも、水泳も同じです。  
 算数のトレーニングを続け計算力を身につけたことは、もちろん直接的に社会生活に役に立ちますが、同時に物事を筋道立てて(力を入れずに)考え続けるトレーニングも受けたことになるのです。この筋道立てて考える力が、人の話を筋道立てて聞く能力や、長い文章を要約するノート力や、ほかの人を説得できる上手な話し方に、間接的に大きな影響を与えているのです。今年の学生の計算力が高い謎は、こう考えると納得できます。  欧米では長らく文盲をなくすためにリテラシー教育(読み書き教育)に力を入れてきました。しかし30年ほど前からニューメラシー教育(数量的に物事を把握する能力や計算能力)を重視しだしています。教育の目的は、「知識と技術と理解」としているのですが、理解のためにはニューメラシーが必要と考えているのです。江戸時代の寺小屋で教えたのは「読み書きそろばん」でした。日本の江戸時代は、社会教育の先進国でもあったのです。   (岩崎)


 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/03/26)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/07/16)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/06/09)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/04/25)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/8/10)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/12/13)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/10/06)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-1/3/4)

最近の記事