朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/9/09)

 
9月9日号(第597号)


 
「拡大学科会議」
 長かった夏休みもそろそろ終盤に差し掛かってきました。私たち教員は、夏休みといっても授業が無いだけで、やるべき仕事はたっぷりあります。
 そして我がビジネス企画学科では、学科設立以来「拡大学科会議」を春休みと夏休みにそれぞれ2回ずつ行っています。主な内容は前期の反省と来期の運営について話し合うというものです。自分では気が付かなかったことを他の先生の話を聞いて「ああ、成程なぁ」と納得することが度々ありますし、学生指導についてのノウ・ハウ交換の良き場所にもなっています。
 その拡大学科会議が先週行われました。私にとって来期に向けて心新たにする良い機会にもなっています。    (田ノ上)

   
「3つの資本」       
 
 経営学部で資本というと、資本金つまり商売を始める元手のことをイメージします。資本家といえばお金持ち、今の僕には縁遠いと考える人も多いでしょう。あなたはどのくらい「持って」いますか? 僕の学生時代を考えると、仕送りが入る口座は、親がいざというときに作ってくれた少額の定期ギリギリのマイナス状態、バイト代も右から左で、服や生活用品はとても売れるようなものではなく、持っているといえば楽器くらいのモノでしたが、それも酔っぱらってうたた寝したすきに盗まれてしまいました。  
 サッカーの本田と同じように強い運を持っている人もいるでしょうが、普通持っていると言えばプレステ4とかヴィトンのバッグとか貯金とか、モノやお金のことです。しかし、資本を何かを始めるためのスタート台と考えると、大学時代結構色々と持つことができて、それが将来役に立ったことに気づかされます。  
 大学時代身につけた楽器演奏や音楽の知識は、社会人になって様々な人と商売をする中で絶好の話題となってつきあいを円滑にしてくれました。大学時代クラブの寄付金や広告を集めるためにOBを訪ねたことも、仕事で知らない人に会う恐怖感を減らす「資本」として働いてくれました。計算は得意でしたが勤めた銀行ではまったく役に立たず(資本にならず)、電卓でキーを見ずにすばやく正確に入力する技術を朝晩練習して身につけました。この能力は現在皆さんの成績を採点する時に資本として働いています(できなければアルバイトを雇うことになったでしょう)。つまり、お金よりも個人が身につけた様々な能力も、何かをはじめるスタート台として役に立ちます。これが2番目の資本でヒューマンキャピタル(人的資本)といいます。人的資本の良いところは、お金やモノと違って盗まれることがない点です。大学に行くのは、直接お金を貯めるためではなく、誰も奪うことができない人的資本を蓄えるためだったのです。  
 ではこの二つで満足のいく社会生活が送れてきたかと振り返ってみると、人生の節々で多くの人が手をさしのべてくれたことに思い当たります。結婚、留学、病気、身内の難事、転職、単身赴任、その時々で多くの先輩、後輩、友人、恩師、近隣の人の力を借りてきました。社会生活では一緒に働いた当時の職場の人々の考え方がわかり信頼できたからこそ、それを足場に充実した面白い仕事ができたのだと実感します。お互いに使いあうことが高い満足感と成果を生みます。社会的な集団の中に存在する信頼、規範、ネットワークのようなソフトな関係構築が第3の資本、ソーシャルキャピタル(社会的資本)です。  ソーシャルキャピタルは人と人との関係と信頼からしか生まれません。だれにも煩わされず生きることが自由で幸せのようにも見えますが、どのような時代になっても人は一人では生き続けられません。その時に必要な元手となる社会的関係は若い今から地道に築きあげることで、多くの人々がともに幸せになることができます。後期からはじまるボランティア論もこの点を理解する入り口になるはずです。  (岩崎)
 

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/12/19)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/06/25)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/07/04)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/3/10)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/06/20)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/06/30)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/10/15)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/01/10)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/11/27)

最近の記事