朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/10/21)

 
10月21日号(第603号)


 
「朝日祭」
 開学以来、43回目となる大学祭が「OPEN ~ようこそ朝日祭へ!~」というキャチフレーズで始まりました。ビジネス企画学科では毎年恒例となっています1年生による「模擬店出店(一般学生)」と「体育会紹介ポスター展示(体育会学生)」で参加しています。模擬店出典グループは、楽しみながら如何に売上げを上げるかと言う、ビジネスの基礎を実践を通して学んでいます。また、ポスターグループは当日大会等で大学祭に参加できないスポーツ学生達が、ポスターを用いて如何に体育会(自ら)をアピールできるかと言う課題に取り組み、プレゼンテーションの手法を学んでいます。今年は、最終日が雨で少々残念な朝日祭になってしまいましたが、大いに楽しみ、十分な成果が得られたと確信しています。   (山本)

   
「規制と活力」       
 
 子供を育てる際の最大の難しさはいつ干渉をやめ失敗を恐れず自立させるか、だと子育てが終わりつつある今つくづく思います。はじめて自転車に乗る我が子には補助輪をつけるように親は常に支援の手を差し伸べます。どこかで補助輪をはずさないと子供はいつまでも自転車には乗れません。自転車なら小さな怪我でも、社会生活では立ち直れない失敗にもなると、就職も結婚も昔から親は口を挟むものです。悪気はないのです。   失敗上等、とにかく経験して何かをつかんで欲しいという、ビジネス企画学科の朝日祭への出店も今年で12回目になりました。売れそうな商品を考え、原価と損益分岐点を計算し、状況に応じて仕入れや販売方針を調整し、ビジネスの面白さ難しさを体感してもらいます。ただ昨年度からは保健所の指導が厳しくなり、規制の中でどのようにお客様に喜んでもらい利益を上げるかという、より現実的な課題に挑戦することになりました。
 食中毒への厳しい警戒から模擬店の中では調理や加工は全くできず、基本的にスーパー等調理許可を得た場所で加工された食材を加熱することしかできません。冷凍食品をチンするようなものしか提供できない中、あるグループは夏休み中考えて、当地では珍しいB級グルメ今治やきとりに挑戦しています。それでも3日間の状況に応じて仕入れを日々コントロールすることは加工を依頼した業者との関係から出来ませんので、最終日には在庫の山を抱えて倒産しているかも知れません。
 子供を思う親のような行政の厳しさは、本年度から始めたボランティア論の授業にも影響しています。近くの道路を清掃したいならその道が国道か県道か市道かを確認してそれぞれのお役所にお伺いを立てなくてはいけません。川の清掃でも1級河川なら国、2級河川なら県と同じく分かれています。もちろん万一の場合を想定しての規制なのですが、最近は一人の善意でゴミを拾うことはできても、数人が集まって善意を発揮しようとするとチョット待った、がかかる仕組みになっています。
 万一の安全を考えた規制は、行き過ぎると特権階級を守る規制に転化しやすいのも事実です。信長の楽市楽座の時代から市場での自由な発想が売り手にも買い手にもメリットをもたらすことがわかっているにもかかわらず、小売をしていた中小業者(主に女性)の暴利をむさぼる陰謀を言い立てて庶民の安全を守ると打ち壊しをすることは、日本でもガーナ、ベトナム様々な国の色々な時代にしばしば行われてきました。その真の狙いが徴税権の確保や既得権を持つ人のために自由市場を破壊することにあったことは歴史が証明しています。  
 自由な市場が倫理観のない人達を招き寄せ、情報の少ない買い手の安全を害することは事実起こりますが、そうした市場も徐々に自助努力の仕組みを作り上げないと自然消滅してしまいます。お上が下々のために規制を設計する時代は、大人になった人々のやる気をそぎ成長の機会を埋没させるという意味で終わりつつあるのかも知れません。本当のならず者だけを取り締まり、ちょっと危うくても正直者が損をしない社会を生み出す必要があります。   (岩崎)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/12/03)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/02/02)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/04/07)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-09/1/19)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/11/30)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/11/26)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/08/06)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/11/19)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/12/23)

最近の記事