朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/3/10)

 
3月10日号(第623号)


 
「就職100%」
 
 就職難も緩和しつつあるものの、まだまだ厳しい現実の中、我がビジネス企画学科卒業生は全員の就職が決まった。学生たちは、自分の夢を叶えるために学業や部活動・ボランティア活動を通して努力してきた。こうした日常の生活態度や言動が、面接試験に功を奏したに違いない。また学生支援課と学科一丸となって学生の支援に当たってきた。   卒業後は、大学で身に付けた人間力(コミュニケーション能力・チャレンジ精神・ストレス耐性・協調性等)を発揮して、それぞれの地元に貢献してもらいたい。卒業生の活躍が朝日大学の発展に繋がることを期待している。   (長屋)

   
「朝活に関するデータ①」

 

 朝日大学でも、大学名どおり朝早くから勉学や部活動に励む「朝活」が行われている。一般的にも、朝の通勤層をターゲットに、早くから営業を始める店舗が増えてきた。今回からは、社会的にも話題の「朝活」の実践状況に関するデータをご紹介する。  
 「朝活」は、人々の朝の生活スタイルやタイムスケジュールを大きく変化させる可能性があるが、現状ではどれくらいの人が実践しているのだろうか。まず、「朝活」の実践率を押さえておこう。下表は首都圏に在住する20代~50代の通勤層を対象にしたリサーチ結果である。これによると、これまでに「朝活」の実践経験を持つのは11.6%、うち現在も継続しているのは7.2%に過ぎない。社会的な話題にはなっているものの、まだまだ実践者は少数に留まっている。
 特徴的なのは、経験者は男性に多いが、意向者は女性に多い点だ。これまでは男性が「朝活」の中心的な実践層だったが、これからはこれが女性に代わる可能性があるということだ。女性のあいだで火が点くか否か、これが今後の「朝活」動向のキーポイントになりそうだ。   (常川)




戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/4/15)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/1/23)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/6/30)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/07/04)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/11/07)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/09/05)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/3/7)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/07/28)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/05/2)

最近の記事