朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/4/21)


4月21日号(第629号)


 
「履修登録」
 
 先週は、履修登録の締め切りがありました。当然、最も真剣なのは卒業がかかっている四年生です(卒業単位を多く残している学生です・・・)。実際には、履修の修正期間がありますが、その表情は真剣そのものです。
 
 ところで今年度はカリキュラムの変更があり、私の授業(スポーツ社会学)では、一年生と三年生が同時に履修出来るようになりました(昨年度までは、三年生以上が対象でした)。これまでに二度の授業を終えました。大教室での授業ですが、一年生と三年生の授業を受ける雰囲気は、良い悪いではなく、やはり違っています。
 これまでの経験からは、大学生の一年生と三年生では、精神的にも肉体的にも大きな違いがあるように感じています(二十歳での成人は根拠があることだと感じます)。授業内で、考え方・理解力にどのような違いが出るか楽しみにしています。(林)

   
「朝活に関するデータ③」

 

 ~前回から続く~
 「朝活」に関するデータ、3回目は「朝活」を実践している人の特性をご紹介する。 次のように「朝活」への取り組み状況によって、4層に分けて分析を行った。「実践層」は現在取り組んでいる層、「実践意向層」は、今は取り組んでいないが今後取り組みたいと思っている層、「中止層」は、以前は取り組んでいたが現在は止めた層、「無関心層」は最初から取り組むつもりがない層だ。
 以下は仕事のある日における、平均的な起床時間と自宅を出発する時間を表す折れ線グラフである。これを見ると、実践層は他層に比べて、極端に朝早く起きたり、出掛けたりしていないことがわかる。対して中止層は、起床時間のピークが6時台前半、出発時間のピークが7時台前半と、相対的に早めとなっている。
「朝活」に取り組むからと言って意気込んで早起きするより、無理のない範囲で行っている人のほうが活動は持続するようだ。  (常川)





戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/07/19)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/05/12)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/09/03)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/03/06)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/04/28)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/02/15)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/12/24)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/02/11)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/1/9)

最近の記事