朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/8/25)

 
8月25日号(第647号)


 
「インターンシップ」
 
 経営学部の2年生、3年生では、この夏期休業期間を利用して、企業のインターンシッシップに取り組んでいる学生がいます。アルバイトとは違い、従業員と同等の責任感を求められるため、これまでの甘えは全く許されません。 一回り成長して帰って来てくれることを期待しています。     (横井)

   
「独り行動に関するデータ②」

 

 前回から続く
 既婚男性の独り行動に関するデータをご紹介しています。 仕事帰りに独りで店舗に立ち寄る既婚男性は、いつ来店し、何のために、どれくらいの額を使っているのだろうか。今回は、買い物系(スーパー、ドラッグストアなど)のお店に立ち寄る際の、時間帯と消費金額に関するデータをご紹介する。
 立ち寄りのピーク時間帯は19時付近であり、若い年代や子供と同居している層は、遅い時間帯にも立ち寄ることが多いようだ。家族より自分の必需品を買うために立ち寄るケースが多いようだ。自分の必需品は、奥さんに頼むより自分自身で買いたいという気持ちの表れなのか。消費金額は1回あたり800円程度であり、それほど高価ではない。自分用のちょっとした買い物をするために、スーパーなどに立ち寄る既婚男性が多いようだ。    (常川)
 


関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-1/2/4)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/07/21)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-02/08/19)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/07/07)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-02/12/30)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/12/3)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/2/3)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/07/21)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/05/2)

最近の記事