朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/07/12)

 
7月12日号(第432号)


   
OPEN CAMPUS 2010
 大学の生きた情報が得られるオープンキャンパス(第1回目)が7月10日に開催されました。講師は、情報コミュニケーションをご専門にしている田村教授です。内容は、任天堂wiiが世界のマーケットにおいて6800万台もヒットした裏面の情報、またゲーム業界の未来に関してマーケティング調査やリモコン技術の知見を踏まえてお話して下さいました。なかでも興味深かった話はWiiのリモコン技術が身近な機器で汎用されている点です。なんとWiiのリモコンは、二足歩行ロボットがバランスをとる技術(ホンダのASIMO)、地震の揺れを探知する技術、万歩計の歩数を探知する技術など多方面で使われていることでした。ご来場の皆様もたかがリモコン!!と思っていたら、実は多方面の技術に使われていたことに“目からウロコ”、心を捉えられたご様子でした。
 ここでは、ほんの一部の内容しかご紹介できませんが、詳細は本学に入学してからのお楽しみに!。またのオープンキャンパス(24日)にもお越しください。   (藤野)

   
「日本一のサッカー選手は?」        <ファイナンシャルコース>
 サッカーワールドカップでの日本代表の活躍は、もう少しでベスト8、残念だったなと思う反面、本当の日本の実力はどのくらいなのか、ちょっと気になります。こういうときの一つの判断材料として、FIFA(国際サッカー連盟)はホームページのStatisticsというところで各国のデータを提供しており、ひと味違ったワールドカップが楽しめます。   
 日本のパス成功率は60%で参加32カ国中最下位、クロスパス成功率は16%で28位です。ショートパスでは71%の成功率で20位とまあまあですが、ミドルパスでは65%と最下位、ロングパスでは36%と参加国中唯一の30%台となっています。試合の威圧感の中でのパス精度が低く特にロングパスに弱みがあることがわかります。ただし、ベスト4まで進んだウルグアイも日本に次ぐパス成功率の低さ(61%)で、ショートパス64%、ミドル66%、ロング44%であったことから、彼らのプレーが日本の参考になるかもしれません。
 一方、一試合当たりのチームでの走行距離は116キロで第2位、よく走るチームであったことがわかりますが、ボールを保持しているときの走行距離は28位で、守るために走っていたことがわかります。守備では、自陣でボールを完璧にクリアできた割合は9%と全体30位、同じアジアの韓国が40%(2位)のクリア率であったことをみると正確性に欠けることがわかります。また攻撃ではペナルティエリアへの侵入回数が1試合当たり4回とスペインやチリが1試合当たり10回近く侵入するのに対し半分以下です。結果ミドルシュートやフリーキックによる得点が攻撃の中心になっていることがわかります。ちなみに韓国の侵入回数は7回と参加国中6位です。
 このような数字による分析を定量分析と言いますが、定量化すると日本のサッカーは世界レベルにはまだまだでその割には健闘したことがはっきりします。同時にどのようなトレーニングをしたらよいか、どのような方向に進むべきかも見えてきます。これと同じことを、サッカーではなくビジネスに応用したものが財務分析です。損益分岐点は得失点差の可能性の逆数のようなものですし、固定比率などの安全性分析は会社の守備力の分析になります。今後どのように会社を変えていくべきかを探ることができます。
 定量分析は、選手一人ひとりにも適用できます。日本チームでパスが一番正確だったのは、短時間の出場であった稲本を除くと、阿部が70%で一位、調子が悪そうに見えた中村俊輔がミドル、ロングパスの成功率が一番高かったこともわかります。またパスの数が一番多かったのは、遠藤ではなく駒野でした。こうしたデータを集め指数化して選手の攻撃力守備力を比較しようという試みがあり、ワールドカップではカストロールインデックスとして発表されていますが、日本選手No.1はゴールキーパー川島選手で準決勝まではベスト11に入っていました。続いて遠藤選手、本田選手の順でした。見た目の印象とは少し違った結果ではないでしょうか。   (岩崎)


 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/05/19)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-09/3/30)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/6/23)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/03/12)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/11/16)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/09/27)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/11/25)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/6/30)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/11/3)

最近の記事