朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/01/18)

 
1月18日号(第407号)


   
「期末試験」
 1月も早中旬を過ぎました。そして、いよいよ待ちに待った(?)期末試験が始まります。期末試験では、是非良い成績を採ってもらいたいと思います。 現在就職戦線は大変厳しい状況です。民間企業で採用担当をしていた立場で言いますと企業サイドではやはり成績の良い学生を採用したがります。どうしてか? 企業は、決して頭の良い学生を採用したがっているわけではありません。遅刻をしない、上司の指示をきちんとメモに取れる、言われたことをきちんとやれるといった、当たり前のことを当たり前にやることができる学生を求めているのです。 大学の授業は、特別難解なことをやっているわけではありません。当たり前のことを当たり前にやっていれば、それがよい成績につながるのです。そしてそれが、企業の求める人材になって行く訳です。 学生諸君!是非良い成績を採ってください。 (田ノ上)

   
「俊輔のサッカーノートから」           <スポーツマネジメントコース>
 「一年の計は元旦にあり」と言うことわざがあります。皆さんは今年1年の計画や目標をもう立てられましたか? 「絶対卒業するぞ」、「必ず就職するぞ」なんて生々しい声が聞こえてきそうですね。「何の計画も目標もないよ」と言うヒトは今からでも遅くありません。今日からでも、目標を立てて計画性のある充実した日々を送ってみませんか。 ところで、過日、書店で「夢をかなえるサッカーノート(中村俊輔著)」なるものを見つけました。あまり期待もせず立ち読みしてみたところ、単なる練習ノートではなかったので思わず買ってしまいました。是非とも皆さんにも目を通していただきたいと思う本でした。参考になると思われる点を少し紹介します。

1ページ目(あるいはシーズンの初め)に目標を書く!:ノートの1ページ目には必ず、 短期、中期、長期の目標を書き、達成できた目標にはマーキングをします。例えば、17歳の彼は短期的には「高校生東西選抜メンバー」、中期的には「Jリーグ入団」、長期的には「全日本メンバー」と具体的な目標を立て、それを叶えるために努力を重ねています。そして、見事に彼はそれらを叶えています。今年の彼のノートの目標の一つには、きっと「今年のワールドカップでのベスト4」と書かれているに違いありません。<「有言実行」と言う言葉がありますが、彼の場合には『有書実行』(四字熟語にはないと思いますが、書くことによって目標を明確にし、努力の結果目標を達成することができるという意味で使ってみました。)という言葉が当てはまるのではないでしょうか。>

単なる練習ノート(日誌)ではない!:高校2年生(17歳)から指導者のアドバイスによりノートを書くようになったようです。その後15年経ちますがその間に書き溜めたノートの数はわずかに11冊です(練習日誌ならばもっと多くあってもいいはず)。なぜなら、若い時代には練習日誌的な意味合いで書いていたようですが、歳を重ねるとともに毎日ではなく試合の反省、気になるトレーニング、あるいはメンタル面で気がついたところなどを中心に「夢(目標)をかなえるためのヒントを書き留めるノート」という書き方に変わったためだと思われます。
<毎日書かなくても良いと言う気楽な気持ち、あるいは試合の 前後、さらには特に気になる練習などについて「書きたい時に書く」くらいの気持ちならば皆さんでも長く付き合えそう(書けそう)ではありませんか。>

 
 さあ、今日からあなた の「夢をかなえるためのノート」を作って『有書実行』にチャレンジしてみませんか。まずは目標を掲げて、ノートに書き留めてみましょう。  本コースでは「目標管理」という講義科目でも君たちの夢をサポートしています。  「一日の計は朝から、一年の計は元旦から、一生の計は今日から。」 (山本)


 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/4/21)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/12/07)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/3/3)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-09/3/9)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/05/28)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/3/28)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/10/27)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-02/07/29)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/11/15)

最近の記事