朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/08/9)

 
8月9日号(第436号)


   
オープンキャンパス開催
 8月5日にオープンキャンパスが開催されました。私自身は、野球部の練習があり参加できなかったのですが、盛況だったようです。私が監督を務める体育会硬式野球部でも、8月8日に、高校野球部員が参加しての練習会を行います。これは、野球部にとってのオープンキャンパスのようなもので、大学生と共に練習をして、実際に大学生活・大学野球をイメージしやすいようにと考え実施しています。  
 進路の決定に際して、多くの情報を集めることは大変重要です。特に「百聞は一見にしかず」という言葉通り、実際に見てみることは何にも勝る情報でしょう。  
 このコラムが掲載される頃には、練習会は終了していますが、オープンキャンパスは8月18日にも開催されます。迷いのない、悔いのない進路決定が行えるよう、参加をお奨めします。   (林)

   
「後の祭り」        <消費者心理コース>
 ビジネスに応用できる諺や慣用句をご紹介、今回はその10回目です。
 「後の祭り」、時機を逸して悔しい思いをすることを教える諺です。何事にも、その効果を高めるのに最適なタイミングがあります。タイミングが早すぎる場合、多少のロスはあっても、後にピークが訪れるので取り返しはつきます。その経験をノウハウとして活用することも可能です。エコブームが訪れる前に省エネ商品を企画販売した経験は、後のエコポイント需要の際には大いに役立ったことでしょう。では、タイミングが遅すぎる場合はどうでしょうか。既にピークは訪れており、時間の経過とともにその効力は下がる一方です。誰も過去には戻れないので、取り返すことは不可能です。将来、同一環境でピークが訪れるとは限らないので、その経験を後に活かせるかどうかも不明です。遅すぎた場合の損失は、ひときわ大きいものになる可能性があります。もっとも、タイミングを逸した失敗経験は後々の別の機会には役立つでしょうが・・・。
 後の祭り、すなわちタイミングを逸しないためには、いくつかの心掛けが欠かせません。ひとつは、長いレンジでものごとを観察することです。通常、ビジネスでもプライベートでも、短期で解決すべき課題と長期で解決すべき課題の両方が同時に存在します。しかし、日々の忙しさに任せていると、目先の課題の解決に集中が向きやすくなります。結果的に片手落ちになっているわけです。就職活動は長期で取り組むべき課題ですが、多くの学生は3年生になってから本格的な取り組みを始めます。まだ先のことで実感がわかないのも無理はないですが、就職活動に向けて、1年生から着々と積み上げて行くべきことはたくさんあります。毎日、10分ずつでも新聞に目を通す習慣をつけておけば、時事問題を質問されても、難なく回答できます。面接の定番である「実績」や「セールスポイント」も、計画的かつ恣意的に創っておくことができるでしょう。実績やセールスポイントを創るべきベストタイミングは、大学に入った時点で既に訪れているのです。長期的な視点で真剣に考えれば、早く取り組まなければならないことに気づくはずなのですが。
 もうひとつは、日ごろから世の中の動きを注意深く見ておくことです。ひとくちに「見る」と言っても、傍観的に見ているだけでは不充分です。ある出来事が起きたときに、点と点を結び付けて考えてみるなど、仮説をどれだけ創造できるかどうかによります。いくつかの仮説を持つことができれば、それに対する準備も整いやすくなり、最適に近いタイミングで策を講じることができます。さまざまな要因で経済が停滞している現在から見て、今夏以降の就職戦線はどうなっていくでしょうか。その際に、自分に必要な「売り」として何を備えておくべきでしょうか。4年生になってから考えるのでは、まさに「後の祭り」です。 
(常川)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/8/26)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/07/05)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/09/18)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/10/13)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/5/25)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/6/2)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/7/28)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/11/29)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/09/1)

最近の記事