朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/1/3)

 
1月3日号(第457号)


   
「今年こそ良い年に」
 
 明けましておめでとうございます。今年こそ良い年になって欲しいと願っております。
 しかし、昨年は日本にとって試練の年でした。一人の酔っぱらい船長が引き起こした尖閣諸島での事件が国際問題に巨大化し、韓国の島に突然大量の砲弾が撃ち込まれ罪の無い民間人が殺される現実を目の前にして、ただ願っているだけでは平和な日常は維持できないことを見せつけられました。
 新しい2011年を迎え今年こそ良い年にするためには、私たち一人一人がこの日本を、この地球をどうすればよいのかを考え、行動する必要性を私たちに訴えています。少子高齢化・財政再建・経済回復・平和と防衛・地球環境など様々な問題が山積みです。
 大学では、まだ内定を手にしていない大学生たちにとって、今年も厳しい現実に変わりはありません。しかし、喜びを自分のものにするためには、就職試験という試練を何度も何度も乗り越えなくては手にできません。私たち教員はくじけずに果敢に挑戦する君たち学生のコーチであり伴走する仲間です、ゴールするまで頑張りましょう。   (田村)
 本年も、ビジネス企画学科Webマガジンをご愛読いただきます様、お願い致します。

   
「高速料金割引制度(1/3)」       <消費者心理コース>
 都会に暮らす身として自家用車の効用を考えたとき、デメリットがメリットに勝ると判断し、車を手放してから約1年が経過した。高いコストに加え、時間損失(渋滞、駐車場探しなど)、機会制約(駐車場不完備、飲酒など)、環境意識(排ガス、温暖化など)が主なデメリットだ。更に、本当に車を必要とする場面が、年に数回しかないと気付いたことも影響した。どうしても必要ならレンタカーやタクシーがある。現状では、車を持たない生活に不便がない。しかし、居住地域やライフスタイル、価値観などによって、その判断は分かれる。公共交通機関が未発達の地域など、車を欠かせないシチュエーションも当然あるだろう。最近は不況対策の意味もあり、車に関する費用に向けた補助金が目立つ。エコカー減税や高速道路料金割引が最たる例だ。自動車業界はもちろん、車を必要とする層にはメリット感の強い政策に見える。ここでは、マーケティング的な観点から、高速道路料金割引をピックアップして、検討してみたい。  
 高速道路料金割引に関する話題では、一律1000円のキーワードがすぐに思い浮かぶ。テレビや新聞、雑誌などでも、大見出しとして頻繁に扱われた。安易な発想とは裏腹に、その適用には特定条件にあてはまることが求められる。利用に際しては、曜日、時間、地域、車種など様々なパターンがあり、どの条件でどの程度の割引を享受できるかを把握するのは難しい。NEXCO(高速道路会社)のホームページにアクセスすれば、制度の複雑さを実感できる。更に、ETC搭載車の場合は、クレジットカードを通じた後日清算になる。忘れた頃に明細が来れば、合計金額は把握できても、過去に遡って割引の詳細を確認する意欲は薄れるだろう。わかり難いのが割引制度の特徴だ。実態的には、料金が1000円で収まるケースは少ない。都市部から行楽地に出かける場合、都市部は条件から外れる。渋滞などで時間内に入口または出口を通過できなければ、割引率は低下する。つまり、究極の割引を受けた場合に1000円になるのであって、多くはそれ以上の利用料金を支払う。それでも何らかの割引は適用されるので、制度以前に比べれば安い。一律1000円に魅かれたものの、実際にはそれ以上を支払い、しかし以前(割引制度導入前)に比べれば安いので、利用者の意識には「安かった」の印象が残る。制度内容がわかり難く、想定よりコストが掛かるにも関わらず、利用モチベーションが根強い背景には何があるのか。  
 確かに制度を完全に理解するのは難しいが、一方のキャッチコピーは極めてシンプルでわかりやすい。「一律1000円」がまさにそれだ。文字効率を追求するキャッチコピーのお手本となる内容だ。特定条件にあてはまれば適用される割引でありレアケースだが、まったくの嘘ではない。興味を持てば、インターネットなどで制度の詳細も容易に調べられる。ホームページは図表やイラストを用いて、わかりやすく設計されている。
~次回に続く~    (常川)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/07/17)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/12/24)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/3/10)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/11/29)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/06/20)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/08/15)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/8/3)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-08/05/26)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/10/26

最近の記事