朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/3/28)

 
3月28日号(第469号)


   
「新学年を迎えるに当たって」
 長期の春休みもあとわずかになりました。体育会各部は、冬季の厳しいトレーニングを乗り越え、新年度から始まる各種大会に向けて最終調整に専念しているところです。    本学では、4月2日(土)に入学式が行われます。そして、4日(月)から各学年とも授業が始まります。ビジネス企画学科では、毎年入学前に新入生オリエンテーションを実施しています。教員と新入生が面談を行い、大学生活を送るための心構えや目標設定、大学への期待や希望など話し合い、新生活へスムーズに移行してもらうためです。いよいよ大学生です。勉学・部活動・研究・就活など頑張ってください。
 2年生~4年生諸君は、3月下旬に健康診断・教務ガイダンスを受け、新学年の準備をして、新学年を迎えましょう。 (長屋)
 
 謹んで東北関東大震災で被災された方々にお見舞いを申し上げます。 朝日大学では、今回の震災によって影響を受けた学生や、ご家族を支援する体制を整えましたので下記の学生課窓口へご相談ください。        
         http://www.asahi-u.ac.jp/asahi_now/news/5621.html

   
「想定は実現可能?(2/3)」       <消費者心理コース>
 ~前回から続く~  
 レンタルDVDの定額会員にも、背景に同じ発想を推測することができます。1度きりの利用で幽霊会員になる顧客が増えれば、ビジネスの成長は鈍く、将来性は見込めません。来店を促進し、複数回の利用で店舗への親近感を強めるとともに、DVD鑑賞の楽しさを実感してもらいたいのです。DVD鑑賞が娯楽習慣のひとつになれば、必然的にレンタル頻度は上がります。契約形態を短期から長期に誘導するサービス提供者の意図は明快です。では、もう一方の当事者である顧客から見た場合、この契約形態の変更はどのように捉えられるでしょうか。有利に働くのでしょうか、それとも不利に働くのでしょうか。   冒頭で述べたように、定額会員を勧められた顧客は①本当に割安か?②元が取れるか?という2つの検討を行います。
 疑問①に対する回答はすぐに判明します。損益分岐点は4枚で、3枚以下なら割高、4枚以上なら同額か確実に割安です。
 続く疑問②の回答は、疑問①への回答が検討の土台です。月4枚なら平均で週1枚のペースとなり、それが可能かどうかは、他の似たような行動との比較によって判断されます。代表例はテレビ視聴です。毎日テレビを数時間見る人なら、2時間程度のDVD鑑賞を週1回の頻度で行うことに抵抗感は少ないはずです。週末を中心にテレビを見る人の場合もほぼ同じです。週末は週に1回の頻度でやってくるからです。現代人のテレビ視聴状況を考慮すれば、それが無理な行動だと判断するのは少数派です。サービス提供者には、当然、このような想定があって、枚数と価格の調整がなされています。顧客にとっても、あまりに無理な条件ではないので、定額会員も有力な選択肢です。しかし、契約時には想定が現実的に思えても、実際に想定が現実になるとは限りません。むしろ、想定どおりに運ばないほうが多いと言えます。
 一見、簡単に見えるのは、人がものごとを比較する際に、似ている部分だけに焦点を絞ってしまうためです。画面に目を向ける点では、テレビ視聴とDVD鑑賞は似ていますが、一方で相違点もたくさんあります。視聴や鑑賞に至るまでの手間(店で借りる、機器にDVDをセットする)や時間(一定時間拘束される、途中で止めにくい)、環境(ながら視聴しにくい、受動的な視聴)などです。加えて、既存テレビ番組との競合もあります。DVDはレンタルコストが掛かるので、見なければならないという意図せぬ使命感も発生します。これらの相違点を考慮せず、似ている部分に絞って単純比較するので、簡単に思えただけなのです。契約手続を終え、店舗から出て冷静に考えれば、週1本のペースで借り続けることがどれだけ大変なのかを認識できるかもしれません。毎週同じタイトルを見るわけにはいかないので、週に1回は見たいDVDタイトルを発見し続けなければなりません。それは、映像や映画のマニアでない限り困難です。
~次回に続く~    (常川)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/07/24)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/12/22)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/03/08)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-2009/4/27)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/03/22)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-07/08/20)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-10/09/27)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-05/06/20)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/11/21)

最近の記事