朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-11/05/30)

 
5月30日号(第478号)


   
「岐阜県スポーツ科学トレーニングセンター見学」

 5月25日(水)、ビジネス企画学科の2年生スポーツマネジメントコース学生52名は、通称「オリンピック選手養成基地」とも言われている岐阜県スポーツ科学トレーニングセンターを訪れた。主に「競技力測定(体力測定)」と「スポーツ栄養」を中心に体験した。「競技力測定」では、選手個々の体力を専門的な機器を用いて測定し、評価するところの場面と実際に学生が測定者となって、パワー測定・筋力測定・敏捷性測定を行った。
 注目は、ラグビー部員某学生が腹筋記録に挑戦し、成年男子歴代第5位の記録を出し、センター職員を驚かせたこと。「スポーツ栄養」の講義では、学生が競技力向上を目指す食事・肥満になりやすい食事・夏バテ防止の食事等の献立作りして、栄養士から評価を受けるなど大変興味深く、楽しく学ぶことができた。また、同センターにおいて、男子ホッケー日本代表チームがウエイトトレーニング指導を受けているところを目の当たりにして、スポーツ科学の実際を体験できたことは、大変有意義な時間であった。    (長屋)

   
「価格のマジック(2/4)」       < 消費者心理コース>
 ~前回から続く~  
 衣類のバーゲンセールでは、セール対象外(=新製品、高級品、季節品など)のコーナーをよく見かけます。興味本位で値札を確認すると、やはり割引はなく元値のままです。新製品であることを勘案しても、セール品に比べてかなり割高に見えます。混雑する店内でその一角だけは閑散としており、新製品だからといって売れている様子は感じられません。
 対象外商品は壁際、セール品は店頭や店内の中心部に陳列されていることから、お店としてもセール品を主力として扱っていることが推察できます。セール品に囲まれた割高な対象外商品は、極端な言い方をすればお飾りのようです(実は、まさにお飾りとしての側面もあるのですが、これについては別の機会で取り上げたいと思います)。
 衣類店として、セール品だけでなく新製品や高級品も売っているぞ、というアピールのために少量でも置いておく必要があるのかもしれません。もちろん、新製品や高級品を好む顧客や流行を追う顧客も来店するので、その受け皿になる可能性もあります。
 もうひとつ有力なのは既成事実を創るためという見方です。新製品には新鮮さが欠かせません。裏を返せば、新鮮さを維持できる期間は短く、いつまでも同じ商品を置いていられません。2ヶ月も経てば次の季節に相応しい商品が登場します。その間に売れれば良いのですが、セール品に囲まれた状況での割高感も影響して、思うようには売れません。お店はその商品の新製品としての有効期限を認識しており、期限を過ぎれば段階的に価格調整を加えます。結果として、数ヶ月後には元値から相当に割引かれた価格で落ち着きます。経営者は事前にその仕組みを想定して、ビジネスを行っているはずです。段階的な割引は具体的には、値札はそのままにしてシールを貼る形で行われます。
 もちろん、価格の付け替え作業を効率的に行う理由もありますが、元値が見えるようにして貼るのにはそれなりの理由があるからでしょう。推察するに、それは元値で販売していた事実を顧客に印象付けるためではないでしょうか。その事実を創ることで「1万円の80%オフ」という魅力的なキャッチコピーを呈示する権利が得られるのです。
 ビジネスなので1万円での販売とともに、2千円での販売を想定したシナリオも用意されています。売れさえすれば2千円でも損が出ない構造でビジネスは組み立てられているのです。この推察のもとでは、1万円で売れれば大儲け、2千円でも最低限の儲けは得られます。
 どうやら元値には販売価格だけでなく、既成事実を創る基準値としての意味合いもあるようです。元値で売れ残った際に、魅力的なキャッチコピーの呈示を可能にする役割です。元値の意味はわかってきました。
 ではもうひとつの疑問、値札にシールを重ねて貼る意味を考えてみましょう。
~次回に続く~  (常川)

 


戻 る

関連記事

  1. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/07/16)

  2. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-04/12/20)

  3. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/05/26)

  4. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2014/6/9)

  5. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/11/17)

  6. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-2013/7/15)

  7. 朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-03/05/05)

  8. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/12/3)

  9. 朝日大学ビジネス企画学科~Webマガジン(News&コラム-12/1/2)

最近の記事