講演と懇親の会

 朝日大学では年に1回、企業を招待した「講演と懇親の会」が開催されます。本会では企業の採用担当者と本学の教職員で情報交換を行い、お互いの持つ情報や学生に対する感覚の違いを認識することができます。今年も多くの企業から採用担当者が来られ、活発な情報交換が行われました。私が今年の情報交換で得た感触として、各企業とも会社内での結束を求めているように感じました。スポーツ経験者、それも同じ競技での学生を求められることが少なくありませんでした。採用しても続かない社会人1年生が多い中、同じ競技経験者やスポーツで培った忍耐力などを求められているのでしょう。大学までスポーツを続けてきた学生の多くは学力に自信がなく、就職活動でも苦戦することが少なくありません。ただ、鍛えられた精神力は立派なスキルです。就職活動でも効果的にアピールしていって欲しいと思います。

(曽我部)

関連記事

  1. 第9回「ヒットメーカーに学ぶ!商品開発塾」開催運営をサポート

  2. 学内外でのイベント行事の中止

  3. セイノーコラボ企画商品・第2弾のカタログ撮影

  4. 1年生がマーサ21でパンを販売

  5. 今年度もWoman Actionに参画

  6. 経営学会ゼミ成果発表会

  7. 就職活動が本格化

  8. みずほ創業塾に参加してきました。

  9. 「Woman Action 2016」始動

最近の記事