No.810 講演と懇親の会

10月18日朝日大学恒例の企業と大学による講演と懇親の会が催され、第一部経営学部教授矢守恭子先生による「ユーザーと創り上げる協創品質」~IoT・AIがもたらす新たなビジネスモデル~と題された講演が行われ、会場の約400名の聴衆に新しいビジネスの風を感じていただきました。

最近話題の中心となっているIoTとAIについて知っておきたいという企業の方のニーズにぴったりの講演であったこともあり、企業の方からは非常に興味深く良い公演だったとの反応をたくさんいただきました。

いろいろな機器がインターネットで接続されること(IoT)によって情報収集が容易になり、収集した情報(ビックデータ)がAIによって分類・分析されるようになったことで、従来できなかったことを評価することが出来るようになりました。

例えば、テストの成績だけでなく、友人関係や社会性など、主観的な評価しかできなかったものが分かるようになり、ストレスのサインを見つけ職場環境の改善を図ることも可能となります。

単に商品を作って売るのではなく、利用者にも積極的に参加していただきながらサービスや機能を向上成長させる、新たなビジネスモデルがすでに始まっているという非常に関心の高い講演でした。 (田村)

 

関連記事

  1. No.784 中古品・リサイクル品に関するマーケティングデータ⑧

  2. No.678 伝え方が大切-おもいやりと距離感

  3. No.683 電子書籍に関するデータ①

  4. No.693 善人は早死にする

  5. No.768 Sapporo Sight-Seeing (7) 地元のことほどよく知らない(札幌聖ミ…

  6. No.767 奇跡に立ち会う

  7. No.696 17年

  8. No.823 冒険しなきゃすすめない

  9. No.744 別府観音堂千日詣り

最近の記事