No.471 モネの池

「モネの池」と名付けられた、岐阜県関市の名も無い池が大変な人気を集めています。モネとはフランスの画家クロード・モネであり、その代表作の一つとして「睡蓮」の絵画が有名で、この絵画そっくりだと東京からバスツアーまで来るほどの人気の場所となっているのです。町村合併のために関市も広くなってしまったが、板取と言われれば納得の美しい渓谷美を見せてくれる地域です。

6月は、蓮の花が咲く季節ですから、睡蓮そのままの写真が撮れるかもと思って行ったのですが、あまりの人の多さに驚くほどでした。根道神社の鳥居の横にありますから、境内の池という感じです。水はとても澄んでいて蓮の葉の下を泳ぐ錦鯉が空中に浮いている様に見えるほどで、とても美しい彩りです。そこに白い蓮の花とコウホネノの黄色い可憐な花が咲いていました。Pho741b

この池のある場所は、高賀山の麓に位置していて、高賀山は昔からの山岳信仰の山であるとともに美味しい湧き水でも有名な山で、名古屋を始め遠くからこの湧き水を求めて多くの人が訪れる場所で、「奥長良川高賀の森水」として販売されている水でもあります。

この様な名水が湧き出る場所のすぐ近くにある池ですから水質が良いのは当然と言えます。

数年前に写真家が撮ったこの池の写真が雑誌に掲載されたことがきっかけになって、SNSを通じて全国に拡散されて話題となったと言われています。

FaceBookも精細な写真や動画を掲載できるようになり、instagramの様な写真や動画中心のSNSも現れて、世界中の奇抜でおもしろい動画や絶景写真がNETに溢れています。この情報の大海の中からポッと浮かび上がる一点になる条件は何なのでしょう。

岐阜にはこの程度の池はたくさん有るのに、何で根道神社境内の池が脚光を浴びてしまうのでしょう。地元では当たり前の風景なのですがね。岐阜は本当に素晴らしい地域なのに、気付いていないのは岐阜県民だけなのかもしれません。 (田村)

 

Pho741a

関連記事

  1. No.776 テレビや動画のスポーツ中継で見る競技(全体、性別)

  2. No.759 Sapporo Sight-Seeing (4) 札幌を作った佐賀の人(北海道神宮)

  3. No.697 先輩の選択

  4. No.768 ベトナムと日本

  5. No.688 畦地の謎(その2)

  6. No.787 推奨行動に関するマーケティングデータ①

  7. No.729 店舗のリピート利用

  8. No.817 早朝、深夜の買い物と消費行動に関するマーケティングデータ③

  9. No.691 日陰の冒険

最近の記事