No.686 節約意識に関するマーケティングデータ⑤

■「普段の節約行動の状況」について

節約計(いつも節約している+よく節約している)は56.4%と、半数をやや超えた程度であった。これに「たまに節約している」(35.9%)を加えれば9割を超えており、頻度を考えなければ、何らかの節約行動を採っている人が大多数を占めた。年代別に節約計をみると、女40代(69.0%)で最も高く、女20代(42.9%)で最も低かった。男40代(45.2%)の割合も低めであり、40代は性別によって対照的であった。

また、「いつも節約している」だけの割合をみると、女性は40代をピークとして、離れた年代ほど割合が低かった。一方、「あまり節約はしていない」の割合は、男30代(15.0%)と男40代(16.7%)を中心に男性で高めであった。女性においては、20代(16.7%)で目立って高かった。 (常川)

 

関連記事

  1. No.766 中古品・リサイクル品に関するマーケティングデータ②

  2. No.765 白山ユネスコエコパーク

  3. No.714 言葉にできない

  4. No.790 推奨行動に関するマーケティングデータ②

  5. No.691 日陰の冒険

  6. No.776 バックログ

  7. No.813 植物の行動心理①

  8. No.774 Sapporo Sight-Seeing (9) ふるさとは遠きにありて思ふもの(千鳥…

  9. No.717 付き添い消費に関するデータ②

最近の記事