No.695 電子書籍に関するデータ④

 スマートフォンやタブレットPCの普及に伴って、閲読やダウンロードの環境が整ってきた「電子書籍」に関するデータをご紹介している。

 今回は、リアル本屋と電子書籍の利用頻度の変化に関するデータをご紹介する。

【リアル本屋の利用頻度の変化】

 電子書籍の利用によって、約3割がリアル本屋の利用頻度が減った(27.1%)と回答。増えた(3.1%)は僅かであり、電子書籍は、リアル本屋にはマイナス効果のほうが断然に大きい。特に男性ユーザーでマイナス効果が大きい。

【電子書籍の利用頻度の変化】

 女性を中心に現ユーザーには、最近の電子書籍の利用が増えたと感じている人が多い。今後も電子書籍市場は拡大することはあっても、縮むことはないと思われる。

女性は電子書籍の閲読にパソコンをよく利用しており、パソコンでの操作性の向上は、ひとつの課題になっていくものと思われる。 (常川)

150727

関連記事

  1. No703 電子書籍に関するデータ⑥

  2. No.752 豊かな国のこれから

  3. No.708 いすみ鉄道 鳥塚社長講演

  4. No.686 節約意識に関するマーケティングデータ⑤

  5. No.694 対話のフォース

  6. No.715 就職活動に入る学生たちへ

  7. No.691 日陰の冒険

  8. No.720 付き添い消費に関するデータ③

  9. No.763 中古品・リサイクル品に関するマーケティングデータ①

最近の記事