No.701 家事に関するマーケティングデータ①

朝日大学マーケティング研究所では、以下の概要で”家事”についてインターネットリサーチを行った。

・調査対象:首都圏在住の20歳~69歳

・サンプル数:427名

・調査期間2018年 5月21日(月)~ 5月23日(水)

今回からは、このリサーチの結果をご紹介する。

 

■忙しくてできない家事、面倒でやりたくない家事          

家事には、忙しくて物理的にできない家事と、⾯倒で⼼理的にやりたくない家事がある。 物理的にできない家事では、「拭き掃除」「室内の整理整頓」「キッチン掃除」「掃除機をかける」「トイレ掃除」の掃除作業が上位を占めた。 ⼼理的にやりたくない家事でも、「トイレ掃除」「風呂掃除」を中⼼に掃除作業が上位に挙がったが、「⾷事の後⽚付け(皿洗い、⾷器⽚付け)」「献⽴を考える」「炊事」の炊事作業にも多くの票が集まった。 この他、物理的な理由よりも⼼理的な理由のほうが強い家事としては、「ゴミ出し」「洗濯の後⼯程(取り込む〜たたむ〜しまう)」「洗濯の前⼯程(洗濯機に掛ける〜⼲す)」があてはまった。 (常川)

 

関連記事

  1. No.762 コミュニケーションが価値を創る

  2. No.692 落ちない語り(1):三遊亭圓生~メディアの戦略的利用

  3. No.725 家事に関するマーケティングデータ⑨

  4. No.705 奴隷の自由

  5. No.746 歴史から学べること

  6. No.725 赤ちゃんとおもちゃ

  7. No.681 小さなウソ

  8. No.702 自然より自然な庭園①

  9. No.712 オトナのけんか

最近の記事