No.752 利用頻度の高いお店の店主や店員と親しくなることについて

利用頻度が高いお店の店主や店員と親しくなることについて、「好ましいことだと思う」としたのは55.5%であった。この割合は女性より男性のほうが高めであり、特に男60代(68.9%)、男50代(65.1%)で高かった。一方、女性は男性に比べて、「お店のジャンルによって異なる」とした割合が高めであり、慎重な傾向が強い。「好ましいことだと思う」の評価理由(自由筆記で回答)では、「お店を利用しやすくなる、行くのが楽しくなる」「情報が得られる、相談できる」「人間関係が楽しくなる」「サービスが良くなる」などの意見が多くみられた。裏を返せば、これらは、店主や店員と親しくなることでユーザーが期待しているポイントとも言える。(常川)

関連記事

  1. No.813 植物の行動心理①

  2. No.745 日陰の冒険2

  3. No.752 豊かな国のこれから

  4. No.738 土日の行動パターン①

  5. No.818 卒業生からの伝言

  6. No.726 大学国際ランキング上位を目指せ!

  7. No.762 Sapporo Sight-Seeing (5) 未来への道(新さっぽろ駅 出口1通路…

  8. No.700 叢書が刊行されました。

  9. No.727 社交ベタ? ベタ社交?

最近の記事