No.831 早朝、深夜の買い物と消費行動に関するマーケティングデータ⑧

 ライフスタイルの多様化に伴って、早朝や深夜も多くの人が活動する時間帯となっている。これをビジネスチャンスとみて、小売店、飲食店などの店舗の営業形態も変化している。マーケティング研究所では、「早朝、深夜の買い物意識と消費行動」に関するデータを収集、分析した。今回は「店舗や施設で購入する商品の用途」についてご紹介する。

 「1日以内が多い」と「どちらかというと1日以内が多い」の合計割合は、早朝(90.2%)、深夜(78.1%)、夜間(76.4%)の順で高かった。早朝の買い物は、1日以内にすぐに消費される商品の購入が圧倒的に多い。夜間や深夜は、早朝に比べて「1日より後が多い」と「どちらかというと1日より後が多い」の合計割合が高かった。すぐには消費されない商品の購入も多く、この傾向は特に女性で強い。夜間と深夜においては、女性のこのようなニーズに応える姿勢も有効である。(常川)

関連記事

  1. No.704 家事に関するマーケティングデータ②

  2. No.679 トヨタ ミライ

  3. No.739 マンチェスターとリバプール

  4. No.772 ゴーンの亡命

  5. No.832 学部のモットー

  6. No.739 産業情報研究所公開講演会を運営して

  7. No.767 前回までの3回分のまとめ

  8. No.777 道の駅の経営②

  9. No.745 土日の行動パターン③

最近の記事