No.860 節約意識に関するマーケティングデータ③

■「今後の節約意向」について

今後の節約意向については、「積極的に心掛ける」(19.5%)が約2割、「できるかぎり心掛けたい」(49.9%)が約5割であった。「少しは心掛けたい」(24.1%)まで含めれば、9割以上(93.5%)を占めた。意向の程度を考えなければ、ほとんどが節約意向を持っていた。今の節約意識の程度と同様に(2頁ご参照)、今後の節約意向でも「積極的に心掛ける」の割合は、子育て主婦世代である女40代(35.7%)で突出して高かった。節約の意識、意向はともに家計を預かる主婦で強かった。一方、男30代と女20代では「あまり心掛けない」の割合がともに1割を超えて高かった(10.0%と11.9%)。男女とも60代は節約を心掛ける割合(「積極的に心掛ける」「できるかぎり心掛けたい」の合計)が6割台であり、相対的には、今後の節約に対して消極的な姿勢がみられた。 (常川)

 

関連記事

  1. No.804 観光立国としての日本の行方

  2. No.723 手数料か金利か

  3. No.761 「新しいお店」を知りたい、利用したいジャンル

  4. No.698 節約意識に関するマーケティングデータ⑨

  5. No.722 動物の社会性

  6. No.777 道の駅の経営②

  7. No.693 大本営発表を越えて

  8. No.821 早朝、深夜の買い物と消費行動に関するマーケティングデータ⑤

  9. No.828 ベトナム海外短期研修

最近の記事