No.863 節約意識に関するマーケティングデータ④

■「支出ジャンル別の節約意向」について

節約意向(「積極的に節約する」「できるだけ節約する」の合計)の割合が高かったのは、光熱費(65.7%)、通信費(62.3%)、間食用の食料品(61.6%)、アパレル品(61.5%)であった。

日常生活で発生する支出ジャンルが上位を占めた。一方、節約意向の割合が低かったのは、子供の教育費(22.4%)、医療(24.7%)、健康(25.2%)、趣味、習い事(31.6%)、人付き合い、交際費(32.3%)、レジャー(33.4%)であった。将来や人生の楽しみに関わる支出ジャンルが並んだ。

節約意向の強度は支出ジャンルの性格によって異なり、日常的な支出ジャンルに対しては強かったが、将来や楽しみに関わる支出ジャンルに対しては弱かった。 (常川)

 

関連記事

  1. No.817 早朝、深夜の買い物と消費行動に関するマーケティングデータ③

  2. No.768 Sapporo Sight-Seeing (7) 地元のことほどよく知らない(札幌聖ミ…

  3. No.750 Sapporo Sight-Seeing (1) はまなすの丘公園(石狩川河口)

  4. No.710  家事に関するマーケティングデータ④

  5. No.685 リア充のために その1

  6. No.682 ベトナム海外短期研修①

  7. No.819 早朝、深夜の買い物と消費行動に関するマーケティングデータ④

  8. No.687 電子書籍に関するデータ②

  9. No.809 体力、知力、気力

最近の記事