テーマ:コラム

 

 「ロード・オブ・ザ・リング」や「ゲーム・オブ・スローンズ」といった海外ファンタジーが好きな人も多いでしょうが、これらは結構英国の戦国時代である100年戦争やバラ戦争の歴史にヒントを多く得ています。そこで前回の夏休みの冒険のついでに、海外の歴史大河ドラマも楽しんでみました。日本のNHKと同じく英国のBBCは歴史ドラマが得意です。そして英国には1600年前後にその200年前の英国王の歴史を9本の芝居に書き上げた大作家シェイクスピアがいます。BBCはこれらを編集してロンドンオリンピック記念の大作ドラマを作っています。日本の大河とはアクションの規模が違います。

 この中でリチャード三世は自分の身体的ハンデをひがみ、敵対者や身内を次々と暗殺した希代の悪人として描かれていますが、その冷徹さは真田昌幸の奸計の比ではありません。こういうドラマを見ると日本人はやっぱり草食人種だなあ、なんて感じてしまいます。しかし、歴史的には実際のリチャード3世が劇のような人物であったかは分かっておらずむしろ勤勉で公正な王であったという説もあります。シェイクスピアは真実よりも人間の類型としての登場人物を彼の時代の要請に応じて追求しました。

 ただ実際の歴史も学んでみると、事実として英国の戦国時代は極めて長かったことが分かります。ローマ帝国が引き揚げた400年代前半から、シェイクスピアが芝居を書いたエリザベス1世の1600年頃まで、海外からの侵略者や誰が味方で誰が敵になるかわからない戦争が1200年も続いていました。日本の戦国時代150年に比べるととてつもなく長く、シェイクスピアが書いたように現実的に生きざるを得なかった人たちがいてもおかしくなく思えます。ではなぜ英国の戦乱が長く続いたのか。世界史の授業を思い出してみると英国は大陸の西ヨーロッパ諸国より王権が強く、それを制限するため議会が誕生したと習いました。王が強いのなら、内乱状態が長く続いたのは奇妙に思えます。

ヨーロッパではで王とそれ以外の豪族や騎士が戦闘協力について自由な契約を結び(従士制)、あわせて領地を与える(恩貸地)ことになっていました。契約ですから絶対服従ではなく王が約束を守らなければ領主や騎士は離れていきます。日本の室町幕府と武士はこの関係に似ています。これが長年続くと複数の王に仕える領主も生まれ領地争いが恒常化したのですが、英国は1066年に大陸から来たノルマン人の王ウイリアム1世に征服されて土地の権利が奪われ、功績のあったノルマン人に分配されなおします。これを受けて王権が強いと習ったわけです。しかし占領された元の豪族も黙っていません。王からの課税の申し出を争いによらず解決するため議会の原型が生まれます。併せてフランスに比べると王の子孫が途絶えることも多く、血縁の中から王に名乗りを上げる者もでて、これも議会で議論することになりました。王の正統性や課税に不満があれば内乱で解決することを繰り返しそれが長引く戦乱を呼び、同時に議会制度も発達していきました。

多くの血を流して、土地の所有権=帳簿と課税=収入の正当性が磨かれ、ガバナンスの原則が確立されてきたものであることは、現代の経営でも忘れてはいけません。(岩崎)


テーマ:コラム

 9月7日(土)に、瑞穂市総合センター・サンシャインホールにて、朝日大学公開講座「明智光秀を学ぶ」が開催されました。これは、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の連動企画で、東京大学史料編纂所教授の本郷和人先生をお招きして、ご講演を賜るというものです。合わせて県内高校生を対象とした「戦国武将作文コンクール」の受賞式および入賞者によるパネルディスカッションも併催され、本郷先生と同じく東京大学史料編纂所の巽昌子先生、本学の巽成生先生と共に、受賞作について活発な議論が交わされました。

 ところで、瑞穂市で「麒麟がくる」と言えば、第一人者はこの私、朝日大学経営学部教授・畦地真太郎(証拠)!と、一人で声をあげても学内の誰からも相手にされないので、一般参加者として参加してきました。本郷先生曰く、テレビに出るような大学の先生は、職場にも学会にも家庭にも居場所がない輩(ご本人は家庭に居場所がないらしい…)なのだそうですが、さらにテレビにも出られないような大学教員は、どこに居場所を求めればよいのでしょうか?ここはやはり「本能寺明智光秀シュブ=ニグラス教団説」を打ち立て、学研から単著を出版していただくしかない、いあ!(書棚を確認したら、新紀元社の方が適切のようだ)

 明らかにSANチェックに失敗したところで、閑話休題。写真からもよく分かりますが、学長の挨拶によると、申し込み開始早々に1000名定員を超えてしまい、2-300人の希望者にはやむを得ずお断りをしたというほどの大盛況でした。私個人としては、サンシャインホールの2階席に初めて入りました。これだけの客入りがあったのは、やはり本郷先生という超一流どころをお招きできたところが大きかったと思います。

 本郷先生は時折ユーモアを交えながら、分かりやすく現在の学説に沿った明智光秀の生涯を解説してくださいました。特に前半生と本能寺の変を起こした動機が謎に満ちている光秀ですが、先生の御説によると、可児市明智城の出身と見るのが妥当ではないかとのこと。妻の妻木照子の出身地が土岐市妻木であると推定でき、地域つながりであることと、斎藤道三・義龍の争いで道三方についた土岐氏系の一族が集住する地域だからということです。

 本能寺の変についても、「確実なことは分からない(計画性のない偶発的謀反)」とのことですが、最近は四国説(攻略担当をしていた長宗我部家との和議を信長に覆されたことが原因)に傾いているとのことです。

 こうして、人物像が不明確であることに乗じて「明智光秀は瑞穂市出身!」とする陰謀を、本口座によって粉々に打ち砕かれてしまったわけですが、フィクションの世界は何でもありという言質もいただきましたので、今後もかきりんと一緒に色々精進していきたいと思っております。

 さて、今回少し残念だったのは、本郷先生の講演は超満員だったにも関わらず、それが終わり辰巳先生のお話になるとバラバラと帰宅者が出始め、後半の高校生パネルディスカッションでは、最初の4分の1程度?しか来場者が残っていなかった点です。テレビに出ている先生を見物するだけではなく、地元を知るために頑張っている若者を称えるのも、大人の役割だと思うのですが…。本郷先生もおっしゃっていましたが、地域の衰退を防ぐ最も早い手段は、地域・地元(の歴史)を知っていくことだと思います。高校生に任せるのではなく、きちんと大人もやっていかないと。それだけが心残りでした。とまれ、どの受賞者も、すぐにでも畦地ゼミに欲しい逸材でした。誰か来てくれないかなあ。(畦地)

 


テーマ:コラム

 「なじみのお店・行きつけのお店」であることにより、その店で購入しようとする気持ちが「強い」としたのは61.8%であり、実際に購入回数が「多くなっている」としたのは49.7%であった。「なじみのお店・行きつけのお店」であることで購入意向や実際の購入回数が高まるメリットはみられたが、一方で、「あまり変わらない」とした割合も少なくなかった。特に、実際の購入回数では属性によるバラツキが大きく、なじみや行きつけであることの効果が相対的に弱い層(女60代や男30代)もみられた。(常川)

 

PAGETOP