テーマ:コラム

 妻が夫の買い物に付き添うなど、家族の買い物における「付き添い消費」に関するデータをご紹介している。今回は、通販でアパレル商品を購入する際の外部意見の影響力に関するデータをご紹介する。

 通販でアパレル商品を買う際に「自分独りで決めている」比率は、男性(46.4%)と女性(77.2%)で、3割以上の差がある。男性には、通販でアパレル商品を買う際も、家族からの指摘を参考にする傾向が見られる。女性は、低年代層ほど家族からの指摘を参考にする傾向が強まる。アパレル商品の購入場所は、今も店が中心であり、通販は少数派。通販のなかでは、インターネットの利用率が圧倒的に高い。女性はカタログ通販も比較的よく利用する。 (常川)

160411

PAGETOP