テーマ:コラム

 2016年5月21日(土)に産業情報研究所の主催によって、公開講演会「農・食・人連携による地域ブランド創出のすすめ」が開催された。岩手県盛岡市より、6次産業化プランナー/シニア野菜ソムリエの大平恭子先生をお招きし、岩手県内の農と食を活かした地域ブランドづくりの事例をご紹介いただいた。ご来場いただいた多くの瑞穂市民(かつ多くが営農者)にとって、今後の瑞穂市ではどのような活動を行い「岐阜みずほ」のブランドを確立すればよいのかを考えさせられる内容となった。160521image02

 さて、筆者は産業情報研究所長として、最初からこの企画の中心的な役割を果たしていた。大平先生とは岩泉町での研究を通じてお知り合いとなり、岩手の活発な地域ブランディングに関わる姿を拝見していたため、どうしても岐阜にお招きしたいと考えていた。その活動は、商品開発・広報だけではなく、東北地方・東京に至るレストランとの連携、さらにそのノウハウを広く伝えるセミナーなど、多岐に渡っている。岩手人の地域に対する誇り(地尊心)の高さを体現するお一人として、そのパワーを岐阜(瑞穂市)にお借りしたいという当初の目論見は、上手く行ったのではないかと思っている。

 さらに今回、希望を感じたのは、学生たちの積極的な姿である。我がゼミ生のSくんは、羽島市特有の伝統食である“みそぎ団子”について研究しているのだが、その解説(プレゼン)を大平先生に対し臆することなく行い、今後の調査についてのご指導を賜っていた。筆者は常日頃「岐阜人の地尊心は低い」と言いふらしているが、Sくんの姿を見ると、まったく捨てたものではないと思った。Sくんも、2年生で畦地ゼミに上がってきた当初から、地域に対する関心がとりたてて強かったわけではないと思う。1年間の演習を通じて「地域の中で気づかれない物を見る見方」を学んできた成果が現れたのだろう。

 加えて、自発的に場内整理に当たってくれた朝日祭実行委員の諸君には頭の下がる思いであった。「(朝日祭本番の)訓練になるから」と、熱い日射しの下スーツで人員誘導を行うという負担を買って出てくれたことだけではなく、一糸乱れぬ統率でキビキビと動くその姿には、本学の学生の優秀さと熱意を感じると共に、本年度の朝日祭の成功を確信したのであった。

お越しいただいた大平先生、学生諸君の様々な活躍だけではなく、所員・教員各位、市長以下瑞穂市役所のご尽力によって盛況のうちに終わった本講演会、皆様方には深く感謝を申し上げる次第である。

                                      (畦地)

160521image01

PAGETOP