テーマ:ニュース

 去る11月27日、元レアル・マドリードC.F マネージャーの酒井浩之氏をお招きして第14回『ヒットメーカーに学ぶ!商品開発塾』が開催されました。この商品開発塾は高等学校商業科の科目として「商品開発」が新設されたことを受けて、朝日大学マーケティング研究所が岐阜県商業教育研究会と共同主催し、高等学校の先生向けに企業などで商品開発を担当され実際にヒット商品を生み出してきた方々から直接お話をお聴きして商品開発のノウハウを学ぶ場として開催されています。

 最初は、岐阜県内の高等学校教員向けに始まりましたが、愛知県、静岡県、三重県の先生たちも加わり、企業の方、大学の教職員、学生など多くの方たちによって会場はいっぱいの状況でした。

 登壇された酒井氏から、赤字体質だったレアル・マドリーがどの様にして黒字化できたのか、サポータと選手の距離感を縮めて来場者数を増やす工夫など具体的でワクワクする講義をしていただき、地方のサッカーチーム関係者が聴いたなら涙を流すであろう話題が満載で、この講義を聴くことができた学生たちが将来スポーツ関係の仕事だけでなく、いろいろなビジネスに役立てて欲しい貴重なお話でした。次回の『ヒットメーカーに学ぶ!商品開発塾』が楽しみです。 (田村)

 

PAGETOP