朝日大学経営学部ビジネス企画学科

朝日大学ビジネス企画学科~Column(コラム-06/06/26) | 朝日大学経営学部ビジネス企画学科


テーマ:2015年3月以前のブログ

 

コラムに関するご意見はこちらへ→
6月26日号(第221号)

 身近なビジネス 
「村上ファンド」

 村上代表の逮捕、日銀総裁の出資など村上ファンドが世間を騒がせています。
 村上代表の逮捕容疑は、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引です。 村上ファンドに対する評価には、モノ言う株主として企業経営者に緊張感を与え経済の効率を高めたというプラス意見があります。しかし村上ファンドの投資手法は、1980年代のバブル崩壊前に株式市場を席巻した仕手集団とどこが違うのかなと思ってしまいます。 
 株式を大量に買占め、提灯をつけ(株価の値上がりに目をつけた投機家の買いを誘うこと)株価を吊り上げて売り抜けるといった古典的なやり方に、株主価値の向上と声高に叫び「本社ビルを売却せよ、合併せよ、子会社を上場せよ、配当金を増やせ」などの要求を突きつけるという手法を加えただけではないでしょうか?そして株価が上昇するとさっさと高値で売り抜けています。真に会社の株主として会社を良くしようと思ってした提案なのか疑問を感じずにいられません。どうも株主価値向上のスローガンは短期的に株価を上げるための手段だったのではないかと思ってしまいます。
 現に村上ファンドがかかわった会社の業績を見ますと、半分の会社が経常利益を買い占め前に比べ買占め後に減少させていますし、村上ファンドの売り抜け後、ほとんどの銘柄の株価が低迷しています。投資ファンドのあり方と投資スタンスを考えさせられる一件です。    (田ノ上)


 パソコンで遊ぼう 
「愛犬の健康管理」

 先週のコラムで、健康管理にもITが応用される時代を迎えようとしていることが紹介されていました。人間の世界で成人病の原因となる肥満が問題となっているのと同様にぺットの世界でも肥満が問題となってきています。特に近年室内で飼われることが多くなった犬達は、運動不足と食事(特に間食)の与え過ぎで肥満気味です。高齢になると運動量が減るにも係わらず食欲は衰えませんからさらに注意が必要です。かくいう私の愛犬(ゴールデンレトリーバ 11歳)もかなりの肥満体。体重が増えすぎると脚の関節にも良くありません。ドッグフードメーカからはカロリー値の低いシニアタイプ(高齢犬用)のフードが各種発売されていますが犬にも食べ物の好みがありドッグフードを変えるのも結構難しいのが実情です。このような社会状況を反映して犬用体脂肪計を開発した企業が現れました。人間の体脂肪測定と同様、微弱電流を体に流して体脂肪を測定する機器です。1台数万円程度で当面は動物病院向けに販売を計画していますが、ペットが家族の一員となっている飼い主の中には個人購入する人も現れそうですね。
 物言わぬペット達の体調は、飼い主が動作や表情を観察して判断するしかないのが現状ですが、診断用のICチップ(センサー、発信機)を体内に埋め込んでペットの健康管理を行う・・・そんな時代もそう遠くないような気がします。    (妹尾)



 今週の話題 
「日本代表敗退」
 
 日本代表がブラジルに1-4で敗れ、予選リーグでの敗退が決定しました。 オーストラリア戦の終盤・ブラジル戦の前半のロスタイムが悔やまれる時間帯でした。あの場面さえ乗り切っていれば、と言う感想は多くの人が持ったことでしょう。
 この時間帯の日本代表は「あと5分守れば勝てる」「ロスタイムが終われば、リードしたまま後半に臨める」と言う考えを強く持っていることがテレビを通じて伝わって来ました。相手チームにはなおさら強く伝わったでしょう。そして相手の考えが分かると言うことは戦い易かったでしょう。
 歌舞伎の世界では「稽古は本番のつもり、本番は稽古のつもり」と言うそうです。「稽古通り・いつも通り」行うことが、自分の力を発揮させます。そして、「勝つと思うな思えば負けよ」と言う言葉の通り、「勝ち」「終わり」を意識し始めた途端に、「いつも通り」ではなくなるのです。
 同じことを『インナーゲーム』(W・T・ガルウェイ著、日刊スポーツ新聞社)では、「セルフ1」(プレーを見ている自己)、「セルフ2」(プレーをする自己)と呼んで区別しています。そして『セルフ2のやることを、セルフ1は邪魔をするな。セルフ2は全てやり方を知っている』と。
 サッカーの日本代表チームは、一流の選手揃いです。一流選手を持ってしても、試合終了・前半終了が迫ってくるにつれ「あと~分」「勝てる」と言うセルフ1が、セルフ2を邪魔してしまった…。いつも通りに出来ない、セルフ1に支配される。これがワールドカップの怖さであり、面白さなのでしょう。  
 ワールドカップやオリンピックは、規模に加えて4年に一回と言うこともあり、特別な舞台です。そして多くの選手にとっては最後のワールドカップになるでしょう。最後の出場であれ、特別な舞台であれ「いつも通り」セルフ2に任せたチームが優勝を収めると思います。逆説的ですが、特別な舞台で普通に戦うことが、特別な結果を引き出すのです。 (林)


 


戻 る

PAGETOP